TEL LINE

緊張型頭痛 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

頭痛の対処法

緊張型頭痛

もともと現代人には多いといわれていましたが、

ここにきてますます症例が増えているのが緊張型頭痛です。

 

日常生活の中で知らず知らずのうちにこのトラブルを抱えてしまい、

慢性的な頭痛に悩まされてしまっている方も少なくありません。

 

この緊張型頭痛とは、その名前の通り

筋肉が緊張状態に陥ってしまったことで生じます。

頭を支えている筋肉に強い負荷がかかっている状態が続くと

その筋肉が緊張状態に陥ってしまい、

それが周囲の血管や神経を圧迫してしまうのです。

 

血管が狭くなって血液の流れが悪くなると

脳に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいますし、

神経が圧迫されれば痛みやしびれといった症状が見られるようになります。

その結果頭が痛い、重い、頭がうまく働かないといった症状が出てくるのです。

 

現代人に緊張型頭痛が多いといわれているのは、

ストレス社会の影響で筋肉が緊張させてしまう機会が多い理由に加えて、

デスクワークで長時間同じ姿勢をとることで

筋肉に継続的な負荷をかけてしまう点も大きな理由です。

 

とくにインターネットの普及などの理由から

パソコンがビジネスに欠かせないアイテムになり、

長時間のデスクワークを強いられる機会が増えていることから

緊張型頭痛を抱えやすい環境になっています。

 

実際にデスクワークを行っている方は、

パソコン画面と向き合ったまま2~3時間くらい

まったく姿勢を動かさない、といった経験も多いはずです。

 

そんな状況を毎日続けていると

筋肉がリラックスする機会が失われて、

つねに緊張した状態に陥ってしまいます。

 

さらに、近年ではスマホの影響も出てきています。

うつむいた姿勢でスマホ画面を見つけていると

首から肩にかけての筋肉にかなりの負荷がかかります。

 

デスクワークに加えてスマホの負荷も加わることで

ますます緊張型頭痛が進んでしまうのです。

 

これまで挙げてきた理由で、

頭だけでなく首や肩の筋肉と深く関わっていることがわかります。

 

それだけに肩こり、首のこり、

痛みが伴うことが多いのも緊張型頭痛の大きな特徴です。

 

ですから対策の場合はまず肩こり、

首の痛みなどの解消を目指してみましょう。

 

頭部の緊張状態を解くといわれても

ピンとこない方が多いと思いますが、

肩こりを解消するならいろいろな対策ができるものです。

 

デスクワークの際には途中で適度な休憩を挟むこと、

マッサージやストレッチを取り入れること、

眼精疲労に注意するのも大事な点です。

 

さらに肩に暖かいタオルを当てる、

入浴の際には湯船つかって温めるなど、

血管を拡張する対策も役立ちます。

 

やり方がよくわからない場合、適切な対策を知りたい

という場合には伊勢崎交通事故施術センター

(接骨院がく伊勢崎)に一度ご来院ください。

一覧に戻る