TEL LINE

片頭痛 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

頭痛の対処法

片頭痛

女性に多いといわれるのが片頭痛(偏頭痛)です。

左右どちらかの側に痛みが走る頭痛で、

しかも急に鋭い痛みが走るなど一般的な頭痛とは

異なる症状が見られることもあります。

 

どうしてこのような頭痛が起こるのか?

これは血管と神経との深いかかわりが理由として挙げられます。

頭部の血管が拡張することによって周囲の神経を圧迫し、

刺激を受けることで痛みが走るのです。

 

もう少し具体的に言うと「三叉神経」と呼ばれている、

頭部の神経の中ではもっとも大きい神経が圧迫されることで、

神経ペプチドと呼ばれる痛みを感じさせる物質が放出されます。

 

その結果血管周辺に炎症が発症し、

それが血管をさらに拡張させてしまう作用をもたらすのです。

 

ですから一度片頭痛が発症するメカニズムが始まってしまう

と血管が拡張して神経が刺激され、

その刺激でますます血管が拡張するという悪循環に陥ってしまうのです。

 

しかも厄介なのは、三叉神経から脳に

刺激を受けた情報が伝わる過程で、

さまざまな神経にも伝わっていきます。

たとえば視覚や聴覚、嗅覚を司っている後頭葉や側頭葉、

吐き気をもたらす嘔吐中枢などです。

 

その結果痛みだけでなくめまいや匂い、

音に対して過度な反応してしまう、

さらには吐き気や嘔吐といった症状が見られることもあります。

ではどうしてそもそも血管が拡張してしまうのか?

まず挙げられるのがストレスです。

 

過度なストレスを継続的に感じていると、

セロトニンという血管を収縮させる物質が生成されます。

 

これによって血管が収縮し血行が悪くなった状態が続いた後に

その作用がなくなると、一気に血管が拡張して流れが良くなり、

周囲の神経を圧迫してしまうようになるのです。

 

また梅雨時などには雨の日に

片頭痛が強くなる傾向も見られますが、

天候による影響もよく指摘されます。

 

こうした事情から対策には血管の拡張を

できるだけ防ぐための方法が役立ちます。

 

応急措置としてもっとも役立つのが

痛みを感じる部分を冷やすこと。

冷やすと血管が収縮させるので

神経の圧迫を避けて症状を和らげることができます。

 

痛みを感じている部分だけでなく

後頭部を冷やすのもお勧めです。

 

この部分には太い頚動脈が走っているので

頭部全体の血管を収縮させることができます。

 

さらに頭部を締め付ける方法も有効です。

 

ハチマキ、バンダナなどで

頭痛が起こっているところを圧迫することで

血流を停滞させて症状を緩和させます。

 

ただあまり強く締め付けすぎると逆効果で、

また長時間締め付けたままではなく

適度に緩めるのを忘れないようにしましょう。

こうした対策でもうまくいかない場合には当院、

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)にお越しください。

一覧に戻る