TEL LINE

側頭部の頭痛 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

頭痛の対処法

側頭部の頭痛

側頭部に痛み、とくにズキズキと脈打つような強い

痛みを抱えている方は片頭痛持ちの可能性が大です。

 

日常生活の中でこのタイプの頭痛を抱えてしまっていることが多いため、

痛みを和らげるための処置のほか、

原因を解消するための対策も必要になってきます。

 

現代社会では女性を中心にこのタイプの頭痛を

抱える人が増えているといわれています。

片頭痛の大きな特徴は先ほど挙げたように

ズキズキと強い痛みが走ること、

そして名前の通り頭の片方の側だけに痛みが走ることです。

 

また階段を上っているときなど体を動かしているときに痛みが

生じることが多いのもこのタイプの頭痛の典型的なパターンです。

 

非常に多く見られる頭痛の割にはそのメカニズムは

まだはっきりと解明されていない面もあります。

直接の原因として考えられているのは血管拡張によるもので、

周囲の神経(三叉神経)が刺激を受けることで、

炎症が生じるとともに痛みを感じさせる物質が

放出されて頭痛の症状が起こると考えられています。

 

また、この痛みを感じさせる物質は脳に到達する前に

視覚や聴覚といった感覚の中枢にも影響を与えるので、

痛みだけでなくめまいや光、音に対して敏感になったり、

吐き気を催すなどの症状もよく見られます。

問題なのは、どうして血管が拡張するのか?という点です。
その理由に関してはストレスや自律神経の乱れ、
気圧の変化などさまざまな要因が挙げられているのですが、
はっきりとしたことはわかっていません。
ひとりひとり原因が異なる可能性もあり、
一概に「これが原因で側頭部の頭痛が起こっている」
とは断定できない部分もあるのです。
ただ、現代社会はストレスを抱えやすく、自律神経が
不安定になったり睡眠障害に陥りやすくなったりするなど、
片頭痛を抱えやすい環境に身をさらしやすいと考えられています。

ですから、対策としては頭部の血管が拡張するのを防ぐ方法が第一です。

 

痛みが走る部分を冷やすのがもっとも即効性のある方法ですが、

血管を収縮させるカフェイン飲料を飲むのも効果的です。

 

ただカフェインは飲みすぎると不眠症の原因となるほか、

依存症などのリスクもあるので、

全面的に頼ってしまうような対策は避けましょう。

なお、女性の片頭痛、とくに月経前後に痛みが強くなる場合には

マグネシウムを摂取すると症状を和らげることができると考えられています。

 

あとはストレスの解消・緩和、規則正しく健康的な生活習慣、

心身をリラックスさせて緊張・不安状態の解消を図るといった、

原因を解消するための環境づくりも行っていきたいところです。

 

なかなか難しい、という方は伊勢崎交通事故施術センター

接骨院がく伊勢崎)へお気軽にご相談ください。

一覧に戻る