TEL LINE

首の張りからくる頭痛 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

頭痛の対処法

首の張りからくる頭痛

首が強く張っているような状態が続いていると
頭痛も伴うことが多くなります。

とくにデスクワークを行っている方によく見られるもので、
慢性的に肩から首にかけて強く張っている状態で
頭痛に悩まされてしまっているパターンも多いのです。

 

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)では
こうした頭痛の施術も取り扱っているので
ぜひご来院いただきたいのですが、
その前にどうして首の張りと頭痛が
起こってしまうのか考えてみましょう。

 

首の張りは筋肉が緊張状態に陥ってしまっているのが最大の原因です。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢を維持していると
どうしてその姿勢を保つために使っている筋肉が
緊張状態に陥ってしまいます。

 

とくにパソコンのモニター画面に視線を固定している場合には
頭部を安定させるため首の筋肉を使っています。

そのため長時間デスクワークを行った場合には
首の筋肉がかなり緊張した状態に陥ってしまうのです。

そんな生活を1週間に5日間も続けていれば
慢性的な緊張状態に陥ってしまったとしてもおかしくありません。

さらに、姿勢が悪い状態を長時間維持してしまうと
首にかかる負担も大きくなります。

たとえば背筋をまっすぐ伸ばした状態と
うつむき加減の状態では、後頭部から首の後ろにかけての
負担がまったく違ってきます。

 

実際に試してみるとおかわりになると思いますが、
うつむいた姿勢は首への負担が非常に大きいのです。

スマホが広く普及したことでうつむき加減の姿勢を
長時間維持する機会が増えており、
それが首の張りや頭痛の引き金にもなっています。

 

しかもあまりこうした無理な姿勢を続けていると、
ストレートネックなど頚椎の異常が生じて、
それが頭痛を引き起こす恐れもあります。

ですから首の張りが慢性化してしまっている場合には、
首の筋肉に負担をかけるような環境を解消することが第一です。

 

マッサージなどの施術ももちろん大事なのですが、
そもそも首に負担をかけてしまっている状況を
何とかしないことにはいくら効果的なケアを行っても
十分な効果は期待できません。

 

デスクワークを行う際には同じ姿勢を
長時間維持するのは避けて適度に休憩を挟んだり、
肩や首をほぐす習慣を作りましょう。

 

そしてスマホを使用するときにはうつむき加減の姿勢は
避けて背筋をしっかり伸びることです。

また、緊張や不安といった精神的な問題を抱えていることでも
首の張りと頭痛を感じることがあるので気をつけましょう。

 

こうした対策でも思うように改善が見られなかった場合には、
先ほどあげたストレートネックなどの可能性があるので、
ぜひ伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)にお越しください。

一覧に戻る