TEL LINE

頭痛の応急処置 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

頭痛の対処法

頭痛の応急処置

強い頭痛、あるいは長く続く頭痛が起こった場合には、
とっさにできる応急処置を試してみましょう。

仕事中・勉強中に頭痛が起こると集中力や能率を低下させて
作業の妨げになります。

片頭痛のような突発的な頭痛が頻繁に起こるような状況の方は
応急処置の方法を踏まえつつ、
原因そのものを改善していく対策も求められるでしょう。

 

この頭痛の応急処置に関しては
どんなタイプの頭痛かによっても異なります。

たとえば緊張型頭痛の場合は肩から頭部にかけての過度な負荷が
筋肉を緊張させてしまうのが主な原因ですから、
凝ってしまった筋肉をリラックスさせる工夫が必要です。

 

長時間同じ姿勢をとるのをやめて肩を動かしたり、
軽く腕を回すといった工夫をしましょう。

また、眼精疲労が緊張型頭痛の原因となっていることも多いので、
パソコン画面から目をそらして遠くを見る、
目薬を使用する、目を温める、
さらに眼球をグルグル回すなどの
エクササイズを行うといった方法も有効です。

 

もうひとつ厄介な頭痛が片頭痛です。

こちらは突然ズキズキと激しい痛みが走るケースが多く、
いつ起こるかわからない分対処が難しい部分もあります。

 

この片頭痛は頭部の血管が拡張したことで
周囲の神経を圧迫して刺激を与えてしまうのが最大の要因です。

ですから、まずは血管の拡張を防ぐ対策を行いましょう。
まず冷やすこと。痛みが走った部分のほか、後頭部を冷やすのも有効です。

冷やすと血管が収縮するので神経への刺激を避けることができます。
とっさに行える応急処置ではこれが一番即効性に優れているでしょう。

一覧に戻る