TEL LINE

頭痛の症状 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

頭痛の対処法

頭痛の症状

頭痛の症状といえばもちろん「頭が痛い」が第一ですが、
どんな感じで痛いのかによって
頭痛の種類や対策方法にも違いが出てきます。

 

また頭の痛みのほかにも他の症状が現れることも多く、
それが日常生活に影響を及ぼしたり、
場合によっては深刻な健康上の問題を引き起こすこともあります。

 

まず頭の痛みでは脈打つような鋭い痛みが走るのか、
圧迫されるような鈍い痛みが走るのかで大きな差が出てきます。

 

前者は片頭痛の典型的な症状で、
血管の拡張によって三叉神経が圧迫され
セロトニンが増加することで痛みが生じます。

 

一方、後者は緊張性頭痛によく見られる症状で、
肩から首、頭部の筋肉が無理な姿勢などで
緊張状態に陥ってしまうことで生じます。

 

この2つのタイプの頭痛は、
頭の痛みだけではなく他の症状も引き起こします。

片頭痛の場合、三叉神経の影響で視覚や聴覚、
吐き気をもたらす神経が刺激されるため
光や音に対して過敏になったり、
吐き気・嘔吐といった症状も伴います。

 

緊張性頭痛の場合は筋肉の緊張がもたらす肩や首の張りや
目を酷使しすぎた場合の眼精疲労などが見られます。

 

頭痛の大半はこの2つのタイプに分類されるので、
自分がどちらに該当するのがしっかりと見極めたうえで
適切な対策・施術方法を行っていくとよいでしょう。

 

しかし、それ以外の頭痛が原因で痛みなどの
症状が見られる場合もあります。

たとえばストレートネックやむちうち症です。

交通事故などの外傷、さらに不自然な姿勢が
習慣になってしまった場合に起こるもので、
本来湾曲した形で頭を支えている頚椎が
まっすぐになる(ストレートネック)ことで重さを支えきれなくなり、
緊張性頭痛と同じような症状が見られるようになります。

 

このケースでは接骨院での施術・矯正が効果的ですので、
疑いがある方はぜひ伊勢崎交通事故施術センター
(接骨院がく伊勢崎)へお越しください。

 

病気が原因で頭痛が生じることもあります。

稀なケースではありますが、
もし該当した場合には最悪命にかかわる恐れもあるので注意が必要です。

 

たとえば吐き気や嘔吐、意識の低下や
視力障害がともなう場合には、脳腫瘍の可能性もあります。

さらに痛みに加えて意識障害や
体の麻痺が伴う場合にはくも膜下出血、
脳出血といった深刻な症状の恐れも出てきます。

 

これらは急性の頭痛となって現れるので、
もしいきなり強い痛みを感じるようになったら、
病院で診察を受けるようにしましょう。

こうした頭痛の種類ごとの症状を知っておけば
いざというときに適切な対策がとれますし、安心できるはずです。

一覧に戻る