TEL LINE

頭痛の対処法 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

頭痛の対処法

頭痛の症状といえばもちろん「頭が痛い」が第一ですが、
どんな感じで痛いのかによって
頭痛の種類や対策方法にも違いが出てきます。また頭の痛みのほかにも他の症状が現れることも多く、
それが日常生活に影響を及ぼしたり、
場合によっては深刻な健康上の問題を
引き起こすこともあります。

まず頭の痛みでは脈打つような鋭い痛みが走るのか、
圧迫されるような鈍い痛みが走るのかで
大きな差が出てきます。

前者は片頭痛の典型的な症状で、
血管の拡張によって三叉神経が圧迫され
セロトニンが増加することで痛みが生じます。

一方、後者は緊張性頭痛によく見られる症状で、
肩から首、頭部の筋肉が無理な姿勢などで
緊張状態に陥ってしまうことで生じます。

この2つのタイプの頭痛は… 続きを読む⇒

頭痛の症状といえばもちろん「頭が痛い」が第一ですが、
どんな感じで痛いのかによって
頭痛の種類や対策方法にも違いが出てきます。また頭の痛みのほかにも他の症状が現れることも多く、
それが日常生活に影響を及ぼしたり、
場合によっては深刻な健康上の問題を引き起こすこともあります。

まず頭の痛みでは脈打つような鋭い痛みが走るのか、
圧迫されるような鈍い痛みが走るのかで大きな差が出てきます。

前者は片頭痛の典型的な症状で、
血管の拡張によって三叉神経が圧迫され
セロトニンが増加することで痛みが生じます。

一方、後者は緊張性頭痛によく見られる症状で、
肩から首、頭部の筋肉が無理な姿勢などで
緊張状態に陥ってしまうことで生じます。

まず、もっとも多いケースである…
続きを読む⇒

強い頭痛、あるいは長く続く頭痛が起こった場合には、
とっさにできる応急処置を試してみましょう。仕事中・勉強中に頭痛が起こると
集中力や能率を低下させて作業の妨げになります。

片頭痛のような突発的な頭痛が頻繁に起こるような状況の方は
応急処置の方法を踏まえつつ、
原因そのものを改善していく対策も求められるでしょう。

この頭痛の応急処置に関しては
どんなタイプの頭痛かによっても異なります。

たとえば緊張型頭痛の場合は肩から頭部にかけての
過度な負荷が筋肉を緊張させてしまうのが
主な原因ですから、
凝ってしまった筋肉をリラックスさせる工夫が必要です。

長時間同じ姿勢をとるのをやめて肩を動かしたり、
軽く腕を回すといった工夫をしましょう。

また、眼精疲労が緊張型頭痛の原因となっていることも多いので、
パソコン画面から目をそらして遠くを見る、
目薬を使用する、目を温める、
さらに眼球をグルグル回すなどの
エクササイズを行うといった方法も有効です。

もうひとつ厄介な頭痛が…
続きを読む⇒

首が強く張っているような状態が続いていると
頭痛も伴うことが多くなります。とくにデスクワークを行っている方によく見られるもので、
慢性的に肩から首にかけて強く張っている状態で
頭痛に悩まされてしまっているパターンも多いのです。

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)では
こうした頭痛の施術も取り扱っているので
ぜひご来院いただきたいのですが、
その前にどうして首の張りと頭痛が起こってしまうのか
考えてみましょう。

首の張りは筋肉が緊張状態に陥ってしまっているのが最大の原因です。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢を維持していると
どうしてその姿勢を保つために使っている筋肉が
緊張状態に陥ってしまいます。

とくにパソコンのモニター画面に視線を固定している場合には
頭部を安定させるため首の筋肉を使っています。

そのため長時間デスクワークを行った場合には
首の筋肉がかなり緊張した状態に陥ってしまうのです。

そんな生活を1週間に5日間も続けていれば
慢性的な緊張状態に陥ってしまったとしてもおかしくありません。

さらに、姿勢が悪い状態を…
続きを読む⇒

側頭部に痛み、
とくにズキズキと脈打つような強い痛みを抱えている方は
片頭痛(括偏頭痛)持ちの可能性が大です。

日常生活の中でこのタイプの頭痛を抱えてしまっていることが多いため、
痛みを和らげるための処置のほか、
原因を解消するための対策も必要になってきます。

現代社会では女性を中心にこのタイプの頭痛を抱える人が
増えているといわれています。

片頭痛の大きな特徴は先ほど挙げたように
ズキズキと強い痛みが走ること、
そして名前の通り頭の片方の側だけに痛みが走ることです。

また階段を上っているときなど体を動かしているときに
痛みが生じることが多いのもこのタイプの頭痛の典型的なパターンです。

非常に多く見られる頭痛の割にはそのメカニズムは
まだはっきりと解明されていない面もあります。

直接の原因として考えられているのは血管の拡張によるもので、
周囲の神経(三叉神経)が刺激を受けることで、
炎症が生じるとともに痛みを感じさせる物質が放出されて
頭痛の症状が起こると考えられています。

また、この痛みを感じさせる物質は
脳に到達する前に視覚や聴覚といった感覚の中枢にも
影響を与えるので、
痛みだけでなくめまいや光、音に対して敏感になったり、
吐き気を催すなどの症状もよく見られます。
問題なのは、どうして血管が…
続きを読む⇒

こうした体を動かすと頭が痛むケースは、
大きく分けて「緊張型頭痛」と「片頭痛(偏頭痛)」の
2種類のタイプがあります。

まずは自分がどちらに当てはまるのかを
よく調べた上で、適切な対策方法を行っていくことが大事なのです。

まず緊張型頭痛は肩から首、頭部にかけての筋肉が
緊張状態に陥ってしまうことで発症します。

筋肉はずっと緊張状態を続けているとその周囲にある
血管や神経を圧迫するようになります。

しかも筋肉がこってしまった状態が多く、
少し動いただけでも筋肉の痛みと血管、神経の痛みが
同時に起こってしまうこともあります。

この筋肉の緊張は長時間のデスクワークやスマホが主な原因です。

パソコン画面と向き合って仕事をしていると、
2~3時間もまったく姿勢を変えることなく過ごすことも珍しくありません。

また、スマホの場合はうつむいた姿勢で
じっと画面を見続けて操作することも多いでしょう。

こうした無理な姿勢は首や肩の筋肉に負担をかけて
緊張状態をもたらしてしまうのです。

加えて、眼精疲労が頭部の筋肉を緊張させてしまうことも
緊張型頭痛の大きな要因です。

目の酷使にも気をつけましょう。片頭痛の方は…
続きを読む⇒

女性に多いといわれるのが片頭痛(偏頭痛)です。

左右どちらかの側に痛みが走る頭痛で、
しかも急に鋭い痛みが走るなど
一般的な頭痛とは異なる症状が見られることもあります。

どうしてこのような頭痛が起こるのか?

これは血管と神経との深いかかわりが理由として挙げられます。

頭部の血管が拡張することによって周囲の神経を圧迫し、
刺激を受けることで痛みが走るのです。

もう少し具体的に言うと「三叉神経」と呼ばれている、
頭部の神経の中ではもっとも大きい神経が圧迫されることで、
神経ペプチドと呼ばれる痛みを感じさせる物質が放出されます。

その結果血管周辺に炎症が発症し、
それが血管をさらに拡張させてしまう作用をもたらすのです。

ですから一度片頭痛が発症するメカニズムが始まってしまうと
血管が拡張して神経が刺激され、
その刺激でますます血管が拡張するという
悪循環に陥ってしまうのです。

しかも厄介なのは三叉神経から脳に刺激を…
続きを読む⇒

もともと現代人には多いといわれていましたが、
ここにきてますます症例が増えているのが緊張型頭痛です。

日常生活の中で知らず知らずのうちにこのトラブルを抱えてしまい、
慢性的な頭痛に悩まされてしまっている方も少なくありません。

この緊張型頭痛とは、
その名前の通り筋肉が緊張状態に陥ってしまったことで生じます。

頭を支えている筋肉に強い負荷がかかっている状態が続くと
その筋肉が緊張状態に陥ってしまい、
それが周囲の血管や神経を圧迫してしまうのです。

血管が狭くなって血液の流れが悪くなると
脳に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいますし、
神経が圧迫されれば痛みやしびれといった症状が見られるようになります。

その結果頭が痛い、重い、頭がうまく働かない
といった症状が出てくるのです。
現代人に緊張型頭痛が…
続きを読む⇒

すっかり頭痛が慢性化してしまって治らない、
頭痛薬が手放せない方、さらにはもう痛みにも慣れてしまった、
うまく付き合っていくしかないと
開き直ってしまっている方などもいるでしょう。

そんな方はぜひ伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)に
ご来院いただきたいのですが、
その前にまずご自身でどんな対策ができるのかも考えてみてください。

そもそも現代人は頭痛を抱えやすいといわれています。

現代社会における生活環境には頭痛をもたらす要因があふれており、
私たちは普通に過ごしているだけでも
知らず知らずのうちに頭痛の原因を抱えてしまっていることが多いのです。

ですから頭痛が治らない、
これまでいろいろと対策を行ってきたけれども
いまいち効果が得られなかったという方は、
]頭痛になる環境を抱え続けてしまっている可能性が高いのです。

いくら対策を頑張ったところでまた頭痛になってしまうような環境で
生活を送っていれば治らないのも当然、というわけですね。
では頭痛が…
続きを読む⇒