TEL LINE

通勤中は自賠責・労災どっち? | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

通勤中の事故 自賠責・労災どっちが良い?

通勤中の事故 自賠責・労災どっちがいい?

通勤中や勤務中に交通事故に遭った場合、
労災保険か自賠責保険か、
どちらを利用するかを考えなければなりません。

 

ちなみに労災保険は厚生労働省の管轄、
自賠責保険は国土交通省の管轄で、
両方とも国が支払うものであるため、
両方に請求すれば二重請求となってしまいます。

 

このため、先に自賠責保険から損害補償金を受けたなら
その分の労災保険給付金は受け取れませんし、

逆に先に労災給付金を受けたなら
その分は自賠責保険の損害補償金を受け取ることができない
という仕組みになっており、
これを「二重補填回避」と呼びます。

 

つまり自賠責か労災かのどちらかを

選ばなければならないのですが、省庁間では

「交通事故の場合は労災より自賠責を優先させるように」

と通達されているため、役所でどちらを優先すればいいか

尋ねると自賠責保険の方を勧められるかもしれません。

 

しかしこれは義務でも法律でもないため、

実際には被害者本人が自己判断で、

自分にとって都合の良い方を優先させれば良いのです。

 

自賠責か労災か、どちらが良いかは、ケースバイケースです。
単純に傷害に対する補償額だけ見ると、

自賠責には120万円の上限額があるのに対し、

労災の場合は施術費の自己負担は一切なしとなっているため、

施術費が高額になる可能性を考えれば

上限のない労災を使った方が良いと考えられます。

 

特に自分の過失割合が大きい場合、

自賠責保険は過失割合に応じて補償額が

減額されますから、労災を使用する方が安心です。

しかし怪我で仕事を休まざるを

得なくなったその損失額が大きい場合には、

自賠責保険を使用した方が得になる可能性があります。

 

自賠責保険の休業損害補償は過去3ヶ月の平均賃金の

全額を受け取ることができますが、

労災の場合はその8割相当の金額しか受け取れないからです。

 

当院「接骨院がく」では、伊勢崎市周辺で

交通事故施術に力を入れた施術を行っております。

施術は勿論のこと、保険に関して

お悩みの方のご相談にも応じております。

 

とても優しいスタッフがお待ちしております。

まずはお気軽にお越しください。