TEL LINE

長くかかるむち打ちもあります | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

長くかかるむち打ち症について

■むち打ちの施術にかかる期間
すぐに治るだろうとたかをくくっていた

むち打ちの施術が、思いがけず施術が

長引いてしまうことがあります。

 

首は脊髄(せきずい)がありますのでそこが

ダメージを受けると、その度合いによっては

施術が長引くことがあり、場合によっては

1年以上に及ぶことも出てきます。

 

むち打ちの施術期間はダメージの度合いだけでなく、

施術のやり方やケアの方法によっても

長引いてしまうことがあるのです。

■生活習慣が影響
むち打ちの施術が思っていた以上に

長引いてしまう原因として、

生活習慣が関係しています。

むち打ちは首や背中、肩にかけて凝り症状が出ますので、

それらの部分に負担をかけるような動作を

繰り返していると治りが遅くなる可能性が高いのです。

 

たとえば長時間のすわり仕事もその一つです。

仕事で一日中オフィスにおりほとんど椅子に座って

動くことが少ないと、肩や背中に大きな

負担がかかってしまって、せっかく施術を受けても

その効果が表れにくくなるのです。

 

スマホやパソコン画面を見る動作、姿勢の悪さも

同様の理由で治りを遅くしてしまうことに繋がります。

 

本来はもっと早く改善できるはずのむち打ちも、

このような動作が多いと、治るのに

期間が長くかかるようになります。

 

またせっかく改善した痛みも、これらの生活習慣が

原因でぶり返すことにも繋がりますので、

早めに改めることが重要になります。

 

仕事上デスクに座っていることが多い方は、

1時間に1度を目安に立って軽い運動をする、

スマホやパソコンを見る時の姿勢に

気を付けるなどして改善を試みましょう。

■筋力アップも効果的
むち打ちの初期段階では安静にしておくことが

重要なのですが、しばらくしてからは

逆に筋力をつける動きを

取り入れることが重要になってきます。

筋肉が衰えると治りも悪くなりますので、

筋力をつけて治りを早めるのをサポートしましょう。

筋力トレーニングは専門家の指導の元で行いましょう。

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく)

でも指導を行っていますので今後痛みが出ないように

早めにトレーニングなどをしていきましょう。