TEL LINE

むちうちは数日してから症状があらわれる | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

むちうちは数日してから症状があらわれる

すぐに症状が出ないむち打ち症

交通事故やスキー、スノボ、
または遊園地のアトラクションなどで
首に激しい衝撃を受けた場合、
むち打ち症になることがあります。

 

むち打ち症になるので一番多いのはやはり交通事故で、
追突や衝突された時に首が振り回され、
鞭がしなったようになるために
むち打ちと言われるようになりました。

 

むち打ち症は、受傷直後に痛みが出ることもありますが、
多くはケガをして数日経ってから症状が出てくるものです。

そのため、交通事故によるものだと認識しないことがあります。

 

むち打ちには5つのタイプがあり、それぞれに特徴があります。
次に挙げる症状に近い症状が出ていれば、
できるだけ早めに適切な施術を受ける必要があります。

 

むち打ち症のタイプ

・頚椎捻挫型
首(頚椎)の周りの筋肉や組織が損傷したもので、
むち打ち症の中では一番多いタイプです。

全体の7割から8割はこのタイプだと言われています。
簡単に言うと首の捻挫で、
首の靭帯や筋肉が無理な力で伸ばされてしまったか、
断裂した状態のことです。

首や肩の動きが制限される、
首を伸ばすと首の後ろや肩が痛みます。

この症状の他、首や背中のこり、めまい、頭痛などが
起こることがあります。

 

・バレ・リュー症状型
頚椎に沿って走っている後部交感神経が損傷して
頚椎動脈が収縮します。

そのため脳脊髄への血流が低下し、
交感神経が過度に緊張して
自律神経のバランスを崩してしまうものです。

多い症状が後頭部の頭痛です。
頭痛から始まったらこのタイプのむち打ちの可能性があります。

 

・根症状型
頚椎は7つの骨が連なっています。
この中の脊髄からそれぞれのすき間を通り、
神経根という太い神経が出て肩や腕の神経に伸びています。

追突の衝撃で頚椎の並びが歪んでしまうと、
神経の通り道が狭くなってしまいます。

そのため神経が圧迫されていろんな症状が出ます。

首の痛みや腕のしびれ、だるさ、
顔面の痛み、後頭部の痛みなどがあります。

 

・脊髄症状型
これはむち打ち症の中でも重症の部類に入るもので、
脊髄が傷ついてしまったり
下肢に伸びている神経が損傷される、
脊髄損傷と言われるものです。

痛みよりも下肢のしびれや歩行障害、
知覚異常などが起こります。

また、膀胱や直腸にも障害が起き、
尿や便が出にくくなることがあります。

 

・脳脊髄液減少症
これは最近になってわかってきたもので、
何らかの衝撃(交通事故や転倒など)で髄液が漏れてしまい、
様々な症状に悩まされます。

頭痛、倦怠感、首痛、耳鳴り、
めまい、視機能障害などが起こります。

 

むち打ち症は「ただの捻挫だ」と軽く考えられがちですが、
適切な施術を受けないとずっと嫌な症状に
悩まされることになります。

交通事故に遭ってしばらくしてから
体の痛みなどが現れた場合は、
迷わずむち打ち症の施術を行う接骨院、
整骨院に相談してください。

 

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく)でも、
むち打ち症の施術を行っています。