TEL LINE

むち打ち症の施術の注意点 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

むち打ち症の施術の注意点について

むち打ち施術で注意すること

交通事故が原因でむち打ちになってしまったときに、

誤った施術法を選択してしまうと、

むち打ちの改善が遅くなってしまうだけでなく、

さらに症状を悪化させることに繋がってしまいます。

 

むち打ちと一口にいってもさまざまな種類がありますので、

それぞれの症状に合わせて適切な施術を受けることが早期改善に繋がります。

むち打ちの種類とは

むち打ちにはいくつかの種類があります。

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく)に

交通事故によるむち打ちで来院される方も、

そのお客さんによって症状は異なります。

 

むち打ちの中でももっとも症状が軽度だと言えるのが、

軟部組織の損傷だけにとどまっているものです。

 

この程度だとむち打ちになっても後遺症が残らない可能性が高いのです。

 

神経根症と呼ばれる症状のむち打ちもありますが、

これは脊髄から出ている末梢神経の神経根が

ダメージを受けてしまうタイプのむち打ちです。

 

肩や腕、手指に痛みやしびれが見られるようになるのが

特徴的な症状となります。

交通事故が原因でこのタイプのムチウチになってしまった場合、

賠償金などの請求のためには画像や臨床検査が必要になってきます。

 

バレリュー症候群と呼ばれるタイプのむち打ちもあります。

こちらは自律神経のバランスが崩れてしまって、

自律神経失調症と同じような症状がでてしまいます。

 

中枢神経である脊髄が損傷してしまうタイプのむち打ちが脊髄損傷です。

上半身、体幹、下半身、運動、知覚などの障害が発生してしまいます。

 

むち打ち施術

むち打ちには後遺症が残ってしまうタイプと

そうでないタイプに分けられますが、

もしも後遺症が残ってしまった場合は

後遺障害等級を獲得することができるようになります。

 

その際には医師の診断書などが必要になるのですが、

施術では基本的に治すことを前提に、

先生の指示に従うようにしましょう。

 

後遺症が残ると日常生活で

困難に感じる点も多々出てしまいますから、

少しでも症状を改善するために努めることが大切です。