TEL LINE

むち打ち症の回復力を上げるポイントとは | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

むちうちの施術は整形外科と接骨院を併用しよう

むち打ち症の回復力を上げるポイントとは

むち打ちを早く良くするために

 

交通事故やスポーツで転倒などをして

むち打ちになってしまったら、

むち打ちは治らない、ある程度治ったらそれ以上は良くならない

などと言われることがあります。

 

むち打ちは様々な症状が出て、

首や肩が痛いというだけでなく、

頭痛や吐き気、めまいを起こすこともあって

とても辛いものです。

むち打ちは本当に治らないものなのでしょうか。

 

交通事故などでむち打ちになってしまった人の

施術を伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)

で行っております。

 

当院ではお客様が苦痛から早く解放されるように全力を尽くしています。

 

私たちも全力で施術に当たらせていただきますが、

お客さん自身にも心がけて欲しいことがあります。

 

前向きに考えることが治癒の早道

何となく体調がすぐれない日は、気持ちも暗くなりませんか。

逆に体調がとても良い日は何をするのもてきぱきと進み、活動的になります。

例えば、朝起きた時に頭痛がしたり体がだるいと

その日は一日中どんよりして仕事や家事、勉強が

はかどらず何もかもうまくいかないものです。

 

逆に朝起きた時から気分が良いと、

さあ頑張ろうと元気が出てきます。

 

こんな風に、心と体には密接な関係があり、

病気やケガからの復活は気持ちと行動が大きく関係しているのです。

 

「病は気から」という言葉がありますが、

「今日は昨日よりも痛くないから大丈夫」とか

「だいぶ良くなってきたからあと少しで治る。無理せずにいよう」と

前向きに考えると早く回復すると考えられます。

 

むち打ち症は治るまでに時間がかかるものですから、

途中で気分が落ち込むこともあるでしょう。

 

ここで深く落ち込むのではなく、

「むち打ちが治ったら○○がしたい」というような目標を立てましょう。

 

はっきりとした目標を持つと、

自然治癒力も上がって健康に症状が回復しやすくなります。

 

心も健康にしていくこと

ある学生のお客さんが、部活中に転倒してむち打ちになりました。

ただただ落ち込むだけでなく、

「早く治して大会に出る」

「思い切り部活ができるようになりたい」と

前向きに施術を受けにきてくれて、

2か月ほどで治り、部活に復帰されました。

 

むち打ち症になってしまったために、

これもできない、あれもできないと

マイナスのことばかり考えていては治るものも治りません。

 

今の状態でできることは何かを考えて、

少しでも早く良くなることを目標にしていれば

施術に前向きになれます。

 

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)では

お客さんのメンタル面でも支えになり、

日常生活で気をつけることなどをアドバイスさせていただきます。

 

体の健康だけでなく、心の健康も一緒に手に入れましょう。

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)では

交通事故でのケガ(むち打ちなど)の施術を行っていますが、

交通事故以外のケガも施術しています。

 

痛みがありましたら我慢せずに一度、接骨院がくにお越しください。

 

一覧に戻る