TEL LINE

むち打ち症に湿布は効く? | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

むちうちの施術は整形外科と接骨院を併用しよう

むち打ち症に湿布は効く?

むち打ちに湿布は効果無し?

交通事故などでむち打ち症になったら、

いろんな不快な症状があらわれることがあります。

 

むち打ち症というのは、

交通事故や運動で首に不自然な力が加わって

首が回らなくなったり痛みを感じたりするものです。

 

なぜむち打ちと言うのか?

それは首に力が加わる時に

首が鞭を打ったような形になるからです。

 

病院で診断される時には、頚椎捻挫と言われることが多いです。

捻挫だったら、湿布をしておけば治るだろうと

軽く考えている人が多いですが、

むち打ちに効果的な湿布は無いと考えられています。

 

湿布で治らない理由

湿布が効果的なのは、筋肉が傷ついて炎症を起こしている場合です。

むち打ちは、筋肉の炎症だけでなく首の骨や骨のカーブ部分が

衝撃を受けたことによって変化することがあります。

 

病院でレントゲンを撮ったら、

ストレートネックだと診断されたりします。

 

骨と筋肉はくっついているので、

衝撃によって骨の位置が変わると

筋肉もそれにつられて引っ張られたり

縮んだりしているのです。

 

湿布で筋肉の炎症が治まったとしても、

骨の歪みまでは治らないので

むち打ちは湿布で治らないと言われるのです。

 

湿布の有効な使い方

むち打ちになった人の体を

わかりやすい例えで示してみましょう。

 

雨漏りがする家に例えると良くわかります。

・雨漏りがする家はむち打ちになった首

・歪んでしまった屋根や柱は筋肉と歪んだ脊椎

・雨はいろんな外力(交通事故や転倒などによる衝撃)

・雨漏りで濡れてしまった床は出現した痛み

・床を拭く作業は湿布などによる対症療法

・床が腐るのは痛みが取れない状態

・歪んだ家そのものを直す作業は伊勢崎交通事故施術センター
(接骨院がく伊勢崎)での施術

というように当てはめます。

 

雨漏りがする家は雨が降れば家の床が濡れるので拭きます。

雨が降るたびに床を拭くことを繰り返していると、

しまいには床が腐ってきます。

 

雨漏りがする、

建付けの悪い家そのものを直さないと問題は解決しません。

 

痛みが出てきたから湿布を貼る、

少し落ち着いたのでそのままにしておくとまた痛みが出る、

根本的な施術をしていないので

この繰り返しでだんだん痛みが取れなくなってしまうのです。

 

つまり湿布は今起こっている問題をどんどん先送りしているだけで、

一向に解決しないのです。

 

湿布を使うのがダメと言うわけではなく、

湿布と伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)

のようなむち打ち施術の専門家による施術を併用すると良いのです。

 

例えば次回の施術の日までに痛みが気になった時に

湿布を使うようにして、

辛い症状をできるだけ抑えるようにすると良いでしょう。

 

湿布にはいろんな種類のものがあります。

自分の肌に合うものを選ばないと

かぶれてしまうなど肌トラブルを起こす可能性があるので

注意しましょう。

 

一覧に戻る