TEL LINE

むち打ち症は治らない? | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

むちうちの施術は整形外科と接骨院を併用しよう

むち打ちは本当に治らない?

むち打ちは、一度なってしまうと治らないと言われていました。

また、症状が現れるまで時間がかかることがあり、

交通事故に遭った時は何ともなかったけれど、

数日経ってから痛みが出てくることもある厄介なものです。

 

むち打ちはたいてい時間が経つほど痛みが強くなり、

肩こりや頭痛、吐き気、めまい、倦怠感などの症状が現れ、

良くなったりまた悪くなったりを繰り返して

なかなかすっきりとせず、長年苦しむことになります。

 

こういったことから、

むち打ちは治らないと言われるようになったのです。

果たしてそれは本当なのでしょうか。

むち打ちになってしまったら完治は望めないのでしょうか。

 

薬や湿布は一時しのぎ

交通事故やスポーツでむち打ち症が疑われる場合、

まず整形外科に行くとレントゲンを撮ります。

 

骨に異常がないか見るためですが、

むち打ち症は骨に異常が出るものではないので

骨に異常がなければとりあえず

痛み止めの薬や湿布が処方されるようです。

 

しかし、この施術法はむち打ちの根治にはなりません。

今出ている痛みを抑えるだけのもので、

その場しのぎと言った方が良いでしょう。

 

病院ではレントゲンに異常がないので

「異常なし」と診断されますから、

お客さんの方も「まだ痛いけど痛いと言いづらい」と感じ、

途中で通院を止めてしまうことが多いのです。

 

このため、むち打ちはすっきり治らない、

不快な症状と一生付き合わなければならないもの

と思われるようになったのです。

 

むち打ちは治ります

しかし、ここ数年の間に接骨院や整骨院で

交通事故のケガ(むち打ち症)の施術ができるところが増え、

実際に通う人も増えてきています。

 

接骨院や整骨院にいる柔道整復師は、

筋肉の専門家でもあります。

お客さんそれぞれの症状を理解して痛みに向き合い、

触診で筋肉の損傷がどれくらいかを判断し、

痛みの原因を突き止めます。

 

むち打ち症にはいろんなタイプがあるのですが、

一番多いタイプは首(頚椎)の周りの筋肉や

人体の軟部組織が損傷したことで症状が出る「頚椎捻挫型」です。

 

症状の出方はお客さんの体質や年齢、衝撃の度合いによっても違います。

ですから病院のように誰にでも

痛み止めと湿布だけの処方では症状が改善しないのです。

 

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)では、

交通事故によるケガ(むち打ち症)の施術を専門的に行っており、

多くのお客さんが通っておられます。

 

接骨院や整骨院は夜間も遅くまで対応しているところや、

日曜、祝日も対応しているところがあるので、

通いやすくなっています。

 

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)でも、

平日は夜9時まで、土曜は午後2時半まで。

そして予約制になりますが日曜、祝日にも施術を行っています。

 

むち打ちは治らない、というのは過去の話になりつつあります。

 

一覧に戻る