TEL LINE

むち打ちの後遺症を残さない為 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

むち打ちの症状をとるためにお客さんにしてほしいこと

通院の時間は自分で作るもの
むち打ち症で施術を続けていると、

だんだんと症状が軽くなり痛みがだいぶ楽になってきます。

そうすると完治したと思い込み、自己判断で勝手に

施術を止めてしまう人がたくさんおられます。

 

しかし、むち打ち症は途中で施術を止めてしまうと

慢性の頭痛や肩こり、眼精疲労などの後遺症が残ってしまいます。

痛みが強い間は早く痛みが取れて欲しいと

時間を作って通院をしますが、

良くなってくるとどうしても仕事などを優先させ、

通院を止めてしまうことは、伊勢崎交通事故施術センター

(接骨院がく伊勢崎)ではおすすめできません。

通院の間隔が開いている人に理由を尋ねてみると、

「時間が無かった」とか「忙しくて来られなかった」と言われます。

 

しかし、施術の時間は「できる」ものではありません。

自分から「作る」ものなのです。仕事を優先させて通院を止めてしまい、

さらに悪くなってしまった時、会社は助けてくれるかどうかわかりません。

健康も仕事も失う可能性があるのです。

一生後遺症に苦しむことになるのは辛いものです。

自分自身の生涯の健康を第一に考え、

施術を最優先と考えるようにしてください。

不幸にも交通事故に遭ってしまい、

むち打ち症になってしまうのは、

一生に一度あるかないかの大きな出来事です。

 

そんなケガをした時くらいは

自分を労わるようにしてください。

 

今の自分を大切にすることは、

未来の家族と自分を幸せにすることになるのです。

 

家族や職場にはケガのことを伝えておく

後遺症を残さないためには、

他にもやるべきことがあります。

交通事故に遭ってしまい、むち打ち症になった、

あるいはなったかもしれないということは

家族と職場の上司にはきちんと伝えておくことです。

 

特に、職場の上司には交通事故に

遭ったことは伝えなければなりません。

休日に事故に遭ったとしても、むち打ちの症状が出て

施術に通わなければならなくなった、

警察に出頭しなければならなくなった、

保険会社の担当者と会わなければならなくなったなど、

仕事中に時間を割かなければならないことが出てきます。

この時、上司に事故のことを伝えていないと、

むち打ち症は外見上何ともないものなので

ケガをしているとは理解されず、

仮病だとかサボっているなどと言われる可能性があるのです。

 

交通事故の後のいろいろな手続きや施術などで

仕事に支障が出ると困るという人は多いでしょう。

しかし仕事を優先してしまうと回復も遅れてしまい、

悪循環になってしまいます。

 

お客さんのあなたにしてもらいたいことは、

早い段階で上司や同僚に報告や相談をして、

施術などに支障がないようにすることです。

 

事故の後の手続きなどで不明な点があれば

伊勢崎交通事故施術センター

(接骨院がく伊勢崎)に相談してください。

 

施術に専念していただけるよう、

全力で優しくサポートさせていただきます。