TEL LINE

むち打ちについて | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

交通事故のむち打ちについて

むち打ちについて

交通事故に遭った際に一番起こりやすいケガは

むち打ち症ですが、今回はそんなむち打ちについてお話しします。

交通事故に遭ったらなるべく早い段階で

群馬県伊勢崎市交通事故施術センター

(接骨院がく伊勢崎)にお越しください。

 

むち打ち症はレントゲンでは確認できず

基本的に本人の自覚症状のみが

よりどころとなることが多いため、

慰謝料に関して保険会社とトラブルになったり

相当額とは思えない金額が支払われたりと

いった事例も非常に多い点も厄介です。

 

交通事故でむち打ちになった場合、

相手の保険会社に請求できるのは、

入通院慰謝料と、後遺症が残ったのであれば後遺障害慰謝料です。

入通院慰謝料の算定方法は「自賠責基準

任意保険基準」そして「裁判基準」の3種類がありますが、

このうち最も低くなるのが自賠責基準で、

「実入院日数×2×4200円」か「施術期間×4200円」。

両者の内少ない方が適用されます。

更に自賠責には120万円という限度額があります。

一方、任意保険基準は怪我の程度などによって

違いがありますが、基本は「入院していた期間」と

「通院していた期間」が計算基準になります。

平均的に見て、2ヶ月通院で

約25万円強になることが多いようです。

最後の裁判所基準は最も高額になる基準値で、

大体通院2ヶ月で36万円~52万円ほどになるのですが、

このためには「慰謝料としてこの金額が正当と言える理由」

を提示しなければならず、そのために弁護士に依頼するなど

それなりの時間や労力・出費がかかるため

トータルで見た場合に必ずしも

「一番お得」とは言えないかもしれません。

 

また、前述の通り自覚症状のみがよりどころと

なるむち打ちの場合、本人にはまだ症状があって

通院の必要を感じているのに、保険会社側から一方的に

「入通院慰謝料支払いの打ち切り」を通達される場合があります。

 

大体3ヶ月以上になると打ち切りになることが多いのですが、

これはむち打ちの場合平均して

約3ヶ月で症状固定になることが多いからです。

しかしこれは保険会社の勝手な判断ですから、

まだ症状がある場合は接骨院や病院などの専門家と

相談しながら通院を続けることができますし、

後にその分の支払いも請求することができます。

このような保険会社とのやり取りが大変で

ストレスをお感じの方も、伊勢崎市交通事故センター

「接骨院がく」にお気軽にご相談ください。

 

交通事故相談を数多く経験している

知識豊富なスタッフが示談交渉などの

法的サポートも併せてご提供しています。

一覧に戻る