TEL LINE

むち打ちの種類 脊髄症状型 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

交通事故のむち打ちについて

むち打ちの種類 脊髄症状型

頸椎には脊髄と呼ばれる脳から体へと繋がる中枢神経が

脊柱管(背骨のトンネル)の中を通っているのですが、

事故の衝撃で脊椎が曲げられたり、伸ばされたりすると、

この脊髄を傷つけてしまうことがあります。

これが「脊髄症状型」と呼ばれるむち打ちであり、

むち打ちの中では特に重症な症状です。

というのも、脊髄に損傷があると脳からの情報が

体の各部に正確に伝わらなくなるため、

運動・知覚・自律神経に障害が起こるからです。

損傷を受けた箇所以下の脊髄が全て影響を受けることになるため、

損傷個所が脳に近ければ近いほど、

麻痺する範囲が広くなって障害も大きくなってしまいます。

症状としては、筋力低下など損傷部位の一部が

まだ機能している「不完全型」や、

脳からの命令が完全に伝わらなくなって

動くことができなくなる「完全型」があり、

自律神経にも障害が及ぶため血圧調節や呼吸機能、

ホルモン分泌調整など生命活動に関係する

基本的な機能にまで障害が出ることもあります。

 

特に脊髄は足の方へと伸びているため、

下肢に際立った症状が出ることが多く、

歩行障害や排泄障害、膀胱直腸障害などを

伴うことも珍しくありません。

 

脊髄症状型の検査は、頸椎に骨折や脱臼がある場合なら

レントゲンで確認できますが、脊髄そのものの断裂や

圧迫具合はMRIなどで確認する必要があります。

 

しかしこれらの検査機器でも確認できないこともあり、

交通事故によって一時的なショック状態から抜け出しても

体の麻痺が治らず動けないようであれば、

知覚障害や筋力麻痺の範囲、腱反射などを調べて

「脊髄損傷」と判断されることになります。

 

現在のところ、脊髄は一度損傷を受けると

再生することが難しい組織とされており、

回復の見込みはないためリハビリが中心的な施術となります。

脊髄損傷のリハビリは出来るだけ早く始めることが大切です。

 

群馬県伊勢崎市周辺の交通事故施術センター

「接骨院がく」でもそのようなお客様の

施術に尽力させていただいております。

後遺障害等で保険会社との交渉にお困りの方も

サポートさせていただいていますので、お気軽にご相談ください。

一覧に戻る