TEL LINE

むち打ちはレントゲンに写らない? | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

交通事故のむち打ちについて

むち打ちはレントゲンに写らない?

むち打ちの際のレントゲンについてお話しします。

 

交通事故施術は群馬県伊勢崎市交通事故施術センター

(接骨院がく伊勢崎)にお越しください。

 

レントゲンでは見えないむち打ちの痛み

交通事故で病院へ行くと、

まずはレントゲンで異常がないかどうかを調べます。

 

レントゲンでは骨折や脱臼、靭帯の損傷などを

調べることができるのですが、

お客さん自身が明らかに痛みがあり

「むち打ちでは・・・」と思えるのに

検査結果「異状なし」と診断されてしまうことがあります。

 

これは実は当然のことで、

むち打ちは主に軟骨や神経、椎間板などを

損傷していることが多く、

レントゲンではこれらの組織を映すことができないからです。

 

つまり元々、レントゲンはむち打ちの検査のための道具ではないわけです。

 

MRIは体に磁気を通してその共鳴画像から異常を発見する検査機器で、

レントゲンと比べると血管や神経、椎間板組織の描写も可能で

あるためむち打ちかどうかを確認するのに向いています。

 

とは言えMRIは解析度によっては

微細な神経異常を発見できないこともありますし、

バレリュー症候群の場合は

そもそもMRIで確認することはできません。

 

従って、レントゲンやMRIでも異常が見られず、

しかしお客がむち打ちのような痛み、

その他の症状を訴えているのであれば、

他の検査方法が採用される場合があります。

 

交通事故施術の徒手検査で 採用されることの多い検査法は

「深部腱反射検査」で、腱をゴムハンマーで叩いて

反射神経による筋肉の収縮の有無を確かめることで、

神経に異常がないかどうかを確認することができます。

 

反射神経による動きが関係しているため

お客の意思で反応することができず、

本当にむち打ちであることを証明できるわけです。

 

これに対し、握力テストや「スパーリングテスト」「ジャクソンテスト」

といった痛みやしびれがあるかどうかで

判断するテストもありますが、

これらはお客の意思で加減したり

申告したりすることができるため、

熟練した施術家の検査が必要になります。

 

もし現在かかっている病院が

むち打ちであることを証明してくれないのであれば、

思い切って転院するというのも1つの方法です。

 

例えば伊勢崎市周辺なら、

当院伊勢崎市交通事故施術センター「接骨院がく伊勢崎」にご連絡下さい。

単にむち打ちを証明するだけでなく、

完治に向けた効果的な施術をご提供しております。

一覧に戻る