TEL LINE

首の大切な役割 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

首の大切な役割

首の役割はとても重要

首を痛めたりすると、
「首は大事なところなのだから気をつけなさい」と
言われることがあります。

特にむち打ち症は首だけでなく、肩こりや頭痛、吐き気、
めまいなどの症状があらわれます。

 

首にはいろんな神経が通っていて、
その首は脳から体全体に繋げる重要な役割を果たしています。

ですから首を大けが(頚椎損傷)すると、
脳からの神経系統に障害を起こすこともあります。

交通事故のむち打ち症だけでなく、首の損傷や疲労、
肩こりなどでも神経系統の障害を起こすことがあります。

 

交通事故に遭っていないから大丈夫、
むち打ち症ではないと判断しても、
むち打ち症と同じよう症状に悩まされることがあるのは、
首の慢性疲労による脳からの神経系統に
異常をきたしているからだと考えられます。

 

パソコン、スマホは首に負担が

今はほとんどの人がパソコンやスマホを操作しています。

趣味で触る程度ならそれほどではないですが、
仕事でパソコンを使う人だと、
ほぼ1日中画面とにらめっこしている状態です。

 

スマホにおいては、外でも電車内などでも
ずっと操作している人がいます。

パソコンやスマホの操作は、首に大変な負担をかけているのです。

パソコンやスマホを操作している時の
姿勢を思い浮かべてみてください。

多くの人が前かがみで首や顔を前に出しています。

 

この時、体はほとんど動いていません。

人間は筋肉を動かしてリンパ液や血液を体に流しています。

しかしパソコン操作はほとんど体を動かさないため、
体には大きな負担になっているのです。

 

これが首の後ろの筋肉を緊張させ、
首を疲労状態にしていることになります。

 

パソコン業務は安静ではない

むち打ち症の施術中はなるべく安静にした方が良いということですが、
パソコン業務なら大丈夫だろうと行う人がいます。

しかしむち打ち症は首の筋肉や組織を損傷している状態です。

そこでパソコンをするとさらに追い打ちをかける状態になるので、
無理をしてはいけないのです。

 

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)では
むち打ち症の施術をさせていただいていますが、
少し良くなったからとパソコンを始め、
また悪化してしまったという例もあります。

 

無理をしないことはむち打ち症の早期回復になりますので、
パソコン業務を施術中に行いたい場合は
必ず伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)の
スタッフにご相談ください。

 

短時間なら大丈夫とか、もう少し休んでください
というようなアドバイスをさせていただきます。

パソコンやスマホを使っての業務は、
体は動かさないため安静にしていると思いがちですが、
首には相当な負担をかけています。

自己判断せず、施術の専門家に相談してから行うようにしてください。