TEL LINE

頭の後ろからの頭痛 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

首・肩・手の症状のある方へ

頭の後ろからの頭痛

現代人が抱えやすい頭痛には

片頭痛と緊張型頭痛の2種類があります。

 

この2つの大きな違いは、片頭痛は基本的に

側頭部にズキズキした痛みを感じるものなのに対して、

緊張型頭痛は後頭部に締め付けるような

痛みを感じることが多い点です。

 

ですから頭痛に悩まされている場合には

どの部分の痛みがもっとも強いのかを意識してみましょう。

頭の後ろからの頭痛の多くは緊張型頭痛です。

 

肩から首にかけての筋肉が緊張状態で硬直してしまうことで生じるもので、

肩・首のこりや痛みがともなうことが多いのが大きな特徴です。

 

首、肩の周辺の筋肉が硬直すると

その影響で血管や神経が圧迫されて、

さまざまな影響が頭部に及ぶのです。

 

とくに血管が圧迫を受けると血流が停滞してしまい、

酸素や栄養が十分に行き渡らなくなることで、

集中力の低下や疲労が蓄積しやすくなるといった問題が生じます。

 

さらに神経伝達物質の働きが阻害されることによって、

イライラやうつ症状といった精神面への影響も指摘されています。

 

ですから、頭の後ろからの頭痛を抱えている場合には

ただ痛いだけでは済まず、心身両面に支障が見られることが多いのです。

 

さらにこの緊張型頭痛が進行して

神経への圧迫が強くなった場合には、

後頭神経痛に発展してしまうこともあります。

 

ただ、この後頭神経痛は緊張型頭痛だけでなく

交通事故によるむちうち症、ストレートネックなどの頚椎の問題、

関節リウマチ、帯状疱疹などほかの原因で発症することも多いので要注意です。

 

このように、頭の後ろからの頭痛は

まず首と肩の筋肉の緊張が大きな原因となっているため、

日ごろの生活の中でそれをできるだけ解消していくことが

ケアのポイントとなります。

 

長時間のデスクワークやスマホはできるだけ避ける、

どうしても必要なときには同じ姿勢を長く維持するのを避けて

適度に肩と首をほぐしてリラックスを心がける、

頭を上げて背筋を伸ばした正しい姿勢で行うよう心がける、

といった配慮が必要です。

 

あとは凝っている部分を温める、

マッサージをするといった手軽にできるケアでも

改善効果が期待できます。

 

「肩井(けんせい)」という肩の真ん中あたりにある

肩こりなどに役立つツボを休憩中のちょっとした合間に

刺激してみるのもよいでしょう。

 

ほかにも筋肉の疲労回復に役立つクエン酸や

ビタミンB1が豊富に含まれた食事を心がけるのもお勧めです。

こうした方法でも頭の後ろの頭痛が治らない場合には、

ストレートネックなどの異常の可能性もあるので、

ぜひ伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)にご来院ください。

一覧に戻る