TEL LINE

頭痛のセルフケア | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

首・肩・手の症状のある方へ

頭痛のセルフケア

頭痛はさまざまな原因によって発症します。

ストレートネックやむちうち症、骨盤の歪みといった
体に問題が生じている場合にはぜひ当院、
伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)に
お越しいただきたいのですが、
片頭痛や緊張性頭痛などのケースではセルフケアでも
十分に改善していくことができます。

 

また、ストレートネックの場合は日ごろの姿勢や習慣が原因で
進行していくこともあるので予防の観点からもセルフケアは欠かせません。

 

まず、大前提が正しい姿勢です。

現代人はとくに猫背や前傾姿勢になりやすい傾向があり、
それが首や肩に負担をかけ、頭部の血行を悪化させるなどの
原因となっています。

 

さらに悪い姿勢を長時間維持する習慣を続けていると、
先ほど挙げたストレートネックや骨盤の歪みを引き起こすこともあります。

毎日パソコンに向かって長時間のデスクワークを行っている方は
とくに要注意で、30分に一度くらいは
目をモニター画面から離して遠くを見る、
首や肩をほぐすといった習慣をつけましょう。

 

それから、スマホをよく使用する方は
うつむき加減の姿勢で使わないよう注意しましょう。

うつむいた姿勢は首に大きな負担をかけるため、
頭痛の大きな原因となります。

電車での移動中などとくにうつむいて使用しやすい環境も多いので、
スマホの使用環境を見直してみましょう。

 

こうした頭痛の原因を改善するためのセルフケアに加えて
痛みを和らげるためのケアもいろいろとあります。

もっともシンプルな方法は温めることです。

痛みを感じている場所より首や肩を温めると効果的です。

この部分の筋肉が硬くなると緊張型頭痛が起こりやすいため、
温めて緩めることで症状を改善していくことができます。

お湯で湿らせたタオルやカイロなどで試してみましょう。

 

逆に片頭痛の場合は冷やすと症状が和らぎます。

こちらは血管が急に拡張することで神経を刺激して痛みが走るため、
冷やして血管を収縮させると和らぐのです。

アイスパックや氷水などで痛みが走る部分を冷やしましょう。

 

このように、首や肩のこりがともなう緊張型頭痛か片頭痛かで
症状がまったく異なるので要注意です。

 

自分で出来るマッサージでも頭痛のケアに十分役立ちます。

首から肩にかけて軽くほぐすような感覚で行っていくとよいでしょう。

ツボ押しとあわせて行えばさらに効果も期待できます。

これらのセルフケアでも十分な改善効果が見られなかった場合には
一度伊勢崎市交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)にお越しください。

一覧に戻る