TEL LINE

スマホネックについて | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

首・肩・手の症状のある方へ

スマホネックについて

おそらく現代社会で急激に増えている体の不調のひとつがスマホネックです。
ここ5年ほどの間にスマホが急速に普及しましたが、
その影響が体全体に悪い形で及んでしまっていることが多いのです。

小さなスマホでいつでもどこでもネットにつなげてメールを送受信できる。
スマホはまさに情報革命であり、
またわたしたちの日常生活を大きく変えるツールとなりました。

ただその一方、この新しいツールが急に普及したことで
わたしたちはまだ上手な使い方を身につけないまま、
毎日長時間使い続ける環境に陥ってしまっている面もあります。

 

このスマホ使用の最大の問題点は、
うつむいた姿勢で長時間画面を見続けてしまう点です。

ためしにお持ちのスマホを手にとって画面を見てください。
首が下に向いてしまっていますよね?

とくに電車で移動中にスマホ画面を見ている場合には、
かなり首を傾けた状態になっています。

 

しかもスマホは長時間ずっと同じ姿勢を維持することが多いので、
不自然な姿勢のまま固定されてしまいがちです。

 

何気ないスマホ中の姿勢が首や体に
大きな負担をかけてしまっている原因の大きな1つです。

何しろ1日2~3時間スマホ画面を見続けるケースも
少なくない世の中ですから、その負荷が蓄積してしまっていても
なんらおかしくないと思います。

仕事で忙しい人などは眠っている時間と
スマホ画面を見つけている時間があまり変わらない、
なんてこともあるのではないでしょうか。

 

このうつむき加減の姿勢がもたらす体の不調をスマホネックといいます。
その名前の通り姿勢の問題で首に問題が
起こることでさまざまな症状が起こるものです。

 

まずうつむき加減の状態を続けていると首に大きな負担がかかります。
頭をまっすぐにした状態よりも
首にかかる負担が3~4倍にもなるといわれており、
その分筋肉に負荷がかかって緊張状態に陥ったり、
血流を妨げたり、神経を圧迫したりといった影響を及ぼします。

 

そしてそのままほおっておくと肩こり、首のこり、
痛み、手の痺れ、頭痛といった問題を引き起こすのです。

 

さらにうつむき加減で前傾姿勢をとっていると、
背中から腰のラインも曲がってしまいます。

その結果、腰痛の原因となったり、
骨盤が歪んでしまったりといった問題も出てきます。

 

厄介なのはこうした体の不調だけでなく、
血流や神経の影響で精神状態にも影響が及ぶ可能性がある点です。

倦怠感や集中力の低下、ひいてはうつ症状にまで発展することもあります。

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)では
こうしたスマホネックにも対応しておりますので、
今回ご紹介した症状が見られる方は一度ご来院ください。

 

一覧に戻る