TEL LINE

交通事故の腰痛について | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

交通事故の腰痛について

交通事故の腰痛について

交通事故による腰痛の原因は幾つか考えられますが、

最も多いのが「背骨の歪み」です。

 

背骨は骨盤の上に丁度積み木を重ねたようにして伸びているのですが、

事故の衝撃でこの背骨が歪むと、その下にある腰椎に

負荷がかかって神経を圧迫して痛みを引き起こします。

 

この場合痛みの発生パターンが不規則で、

動作との因果関係が見極めづらいという特徴があります。

 

一方腰付近の筋肉や腱が断裂などの負傷を追っている場合もあります。

この場合は「前かがみになると痛い」「背筋を伸ばそうとすると痛い」

「腰を回そうとすると痛い」といった特定の動作によって

痛みを感じたり痛みが強くなったりするのが特徴です。

 

また椎間板ヘルニアによる腰の痛みの可能性もあります。

椎間板ヘルニアとは何らかのきっかけで脊椎の中に存在する

軟骨(椎間板)が飛び出してしまい、神経に

触れてしまうことで痛みを引き起こす障害です。

 

交通事故の場合この「何らかのきっかけ」とは事故の衝撃のことで、

腰の軟骨にムリな圧力がかかって引き起こされるのです。

 

椎間板ヘルニアの場合は、腰の痛みと共に脚や

足の指に痛みやしびれ、むくみが起こることもあります。

むち打ちが原因で腰痛を引き起こしていることもあります。

 

というのも、首の一番上の骨と腰の一番下の骨は互いに

連動するようになっていて、例えば頭(首)を右に回せば腰の骨は右に傾きます。

そのためむち打ちで首の動きが著しく制限されると腰にも悪影響が及ぶのです。

 

交通事故でむち打ちになった後

しばらく経ってから腰に痛みを感じるようになった、

と言う場合にはこのようなメカニズムが考えられます。

腰痛は整形外科で施術してもらうこともできますが、

多くの場合鎮痛薬と腰椎コルセット、

腰椎牽引といった対症療法で自然回復を待つことになります。

 

一方接骨院ではこれらに加えて手技や温熱療法など

症状に合わせた様々な施術を併用しますから、

より治りが早く後遺症を残す可能性も低くなります。

 

群馬の伊勢崎市周辺でこのような交通事故施術をお探しの方は、

是非当院伊勢崎市交通事故施術センター「接骨院がく伊勢崎」にご相談ください。