TEL LINE

交通事故の応急手当について | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

交通事故の応急手当について

交通事故で負傷者が出た場合には、
何よりまずその負傷者の救護が最優先されます。

医療知識のない一般人が負傷者を目の前にすると
どうしてよいか分からず途方に暮れてしまうのも
無理ないことなのですが、自分にできる少しの処置が、
負傷者を重篤な状態から救えるかもしれないのです。

 

交通事故による負傷者を確認したなら、
意識があるかどうか肩を軽く叩きながら大きな声で呼びかけて
反応を確かめます。

これと同時に救急車の要請を行うのが望ましいのですが、
現場にいるのが自分一人である場合には、
大きな声で周囲に助けを求めると良いでしょう。

 

続いて負傷者の安全確保に努めます。

車道に放置したままだと二重事故の危険性がありますから、
出来るだけ速やかに車の通行のない安全な場所へ移動させる必要があります。

と言っても負傷者に意識がなく、
特に頭部や頸部を負傷しているように思える場合には、
動かして良いものか分からないこともあるでしょう。

しかし二重事故による被害はもっと甚大ですから、
頭や首に負担がかからないように注意しながら
ゆっくりと安全な場所に移すのは問題ありません。

 

負傷者を安全な場所に移したなら、
救急車が到着するまで出来るだけ応急手当に努めてください。

呼吸や脈拍の確認の後、これらが見られないなら
人工呼吸と心臓マッサージを行う必要があるのですが、
これらは消防署などで開かれる講習会で方法を教えてもらうことができます。

 

出血が見られる場合には、まず感染症を防ぐために
できればビニール手袋のようなものをはめ、
ハンカチやタオルなどを重ねて患部を圧迫して止血します。

この際、患部を高い位置に持ち上げて止血するとより効果的です。

 

無事救急車が到着したなら、後は彼らに任せましょう。

ただし、自分は大丈夫だと思っていても実は見えない部分を
負傷していることがありますから、必ず医療機関で検査を受けてください。

 

群馬県内で交通事故施術を必要とされる方は、
伊勢崎市交通事故センター「接骨院がく伊勢崎」に
ご来院いただければ、早急に施術させていただきます。