TEL LINE

交通事故での警察への対応のポイント | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

交通事故での警察への対応のポイント

まず警察へ連絡を

交通事故に遭ってしまったら、必ず警察と関わることになります。
交通事故で、まず初めにしなければならないことが警察への連絡です。

後々トラブルにならないよう、
ここできちんと警察に連絡しておかないといけません。

 

基本的には、警察への連絡は加害者がするものなのですが、
加害者が動転していたり、通報を拒んだりすることもありますので
被害者が連絡しても一向に構いません。

警察は事故処理と双方の言い分を聞き、
実況見分調書を作成します。

ここでの警察とのやりとりが、後に重要になってくるので
できるだけ正確に状況を伝えるようにしたいものです。

 

しかし、実際は事故に遭ってしまったというショックと、
ケガをしてしまったことで動揺し、
うまく伝えられないかもしれません。

警察も来て周囲の人の目もあるため、
「大した事ないから、大丈夫だから」と
穏便に済まそうとする人がいますが、
後でトラブルになることもあるのでここは冷静に対応したいものです。

 

事実を述べることが大事

警察からは、事故当時のことを細かく聞かれます。
しかし、わからないことや思い出せないこともあるでしょう。
そんな時は無理に答える必要はなく、
「わかりません」と正直に言えば大丈夫です。

早く終わらせたいからと、事実と違うことでも適当に返事をしたり、
曖昧なことを言うと不利になることがあります。

 

わからないのに「はい」と返事したり、
書類にサインをすることは絶対に止めましょう。

一応、警察官は中立の立場で被害者、加害者から話を聞きます。

しかし中には加害者の話とつじつまを合わせた調書を書いたり、
事実と少し違うことが書かれていたりすることがあります。

調書の内容は確認して、もし事実と違うことが書かれていたら
「違うので訂正してください」とはっきり言うようにしましょう。

 

警察は、供述書に書かれた質問をしてきますが、
わからないことは無理に答えなくて良いのです。

しかしあまりにも「わかりません」が多い回答だと、
加害者側の発言ばかりが通ることになるので、
落ち着いて事故の状況を思い出し、答えるようにしたいものです。

 

施術に専念するために

事故後は大したケガをしていないと思っていても、
意外と重いケガだったということがあります。

ですからすぐに病院に行き、検査をしてもらいましょう。
そしてケガをしていたら診断書を作成してもらいます。

 

これがないと警察でも手続きが進みませんので
ケガをしていたら必ず作ってもらいましょう。

この時、実際のケガよりも軽く書かれていないか、
全治はどれくらいかを確認し、
納得いかないことがあれば医師に尋ねるようにします。

 

事故直後はこのように警察や病院への対応で大変ですが、
これをきちんとしておかないとケガの施術に専念できません。

 

警察との対応などで困ったことがあれば、
伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)に
相談していただければサポートさせていただいています。