LINE相談
TEL LINE

交通事故での関節の痛み | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら接骨院がく伊勢崎交通事故むちうち治療センターへ

接骨院がく伊勢崎交通事故むちうち治療センター
接骨院がく伊勢崎交通事故むちうち治療センター

交通事故での関節の痛み

最終更新日 2021/09/15

交通事故では首と腰のケガよりは割合は少ないのですが

肩や手首、膝、股関節、足首など
交通事故の衝撃により身体の様々な関節に痛みが出てくることがあります。

その際に保険会社にどうしてその関節を痛めたのかを理論立てて説明する必要があります。

保険会社に説明をしっかりしていかないと首と腰の痛み以外のケガは認められません。

接骨院がくでは事故後すぐに来ていただければ保険会社にどのようにして痛めたのかを患者さんの代わりに保険会社と話し合うこともできます。

このように交通事故後の関節の痛みは気を付けることが多いので注意が必要です。

ここでは交通事故により関節を痛めるメカニズムや対処法についても説明していきます。

交通事故での関節の痛み もくじ

・交通事故での関節のケガについて

・交通事故での関節の痛みの原因

・交通事故での関節の痛みの症状と対処法

・まとめ

・交通事故での関節の痛みの治療体験談

・交通事故での関節のケガについて

交通事故での関節のケガは首と腰に次いで3番目に多いといわれています。

特に肩の関節、肘、手首、股関節、膝、足首などを痛めるケースが多いです。

交通事故で関節を痛めた場合はほとんどが捻挫の症状ですが、稀に骨折している場合もあるため

当院では超音波エコーでまずは確認していきます。確認したのちに交通事故に力を入れている整形外科をご紹介してレントゲンの検査もしてもらいます。

より精密な検査が必要であれば病院でMRIなどの検査も無料で受けることが可能です。

・交通事故での関節の痛みの原因

バイクや自転車、歩行時に交通事故にあった場合はどの関節も損傷する可能性があります。

車同士の場合に多いケガの原因は

・ハンドルを急にきったりハンドルを押したりすることでの

肩、肘、手首の関節のケガ

・ダッシュボードやシートベルトに引っ張られておこる

肩、股関節、膝の関節のケガ

・急ブレーキを踏んで痛める

足首の関節のケガ

などがあります。

・交通事故での関節の痛みの症状と対処法

交通事故での関節のケガは

骨と骨の間に捻りが加わることによる

・捻挫の場合がほとんどです。

その他には、

骨と骨が強くぶつかったことによる

・骨打撲や

・軟骨の損傷

・骨折などはおこりやすいです。

反対に骨と骨のすき間が離れすぎると
骨が端が靭帯に引っ張られて欠けてしまう

・剥離骨折(はくりこっせつ)

になることもあります。

・捻挫の場合は

関節部が腫れ骨と骨を結んでいる靭帯が伸びてしまうため不安定になります。

その場合は固定をして安定性を高めたり、炎症をとることにより腫れを早く引かせることが大切です。

負傷後3日間は保冷剤などでアイシングを繰り返し、痛めた靭帯が伸びない姿勢で安静に過ごすようにしてください。

接骨院では早く痛みをとるハイボルテージや傷ついた組織の炎症をとり除くマイクロカレント療法などが適応になります。

・骨打撲の場合は

骨と骨の間が交通事故の衝撃で衝突してしまい骨のすき間が打撲して腫れてしまいます。

骨は硬い組織ですので腫れの逃げ場がなく炎症が長引きやすいのが特徴です。

損傷の度合いによっては骨折と同等かそれ以上の回復期間がかかる場合があります。

関節にかかる負担を和らげるように普段痛めたところに加重をかけないように気を付けてください。

接骨院では傷付いた骨の組織の回復を早めるライプスを使った治療を長い時間施します。

また関節部の腫れが引くように腫れの誘導マッサージ、痛みが強い場合には鎮痛効果の高い周波数を選択して立体的にながれる電気を関節に流していきます。

・軟骨の損傷には

ハイボルテージと超音波を組み合わせて治療していきます。

痛めた軟骨の場所を意識して深くに中に入る高電圧の電気と細かい超音波の振動を同時に流していきます。

また炎症が強い場合はアキュスコープやライプスなどを長時間ながすことで軟骨の修復を促進します。

・骨折や剥離骨折など

骨が折れている場合はライプスやオステオトロンといった骨折を早期回復させる治療機器が大活躍します。

本庄玉村交通事故むちうち治療センター限定にはなりますが、酸素カプセルと骨折の早期治療器を組み合わせた治療をすることもできます。

・まとめ

・交通事故による関節のケガは首、腰についで多い

・関節の痛みは保険会社に交通事故で痛めたと認めてもらう必要がある。接骨院などに事故状況を話し、できれば保険担当者と話し合ってもらう

・交通事故では 肩、肘、手首、股関節、膝、足首の関節を痛めることがある

・骨折の可能性がある場合は接骨院だけでなく整形外科も紹介してもらいレントゲン、MRIなどをとってもらう。
・交通事故むちうち治療センターなら交通事故に力を入れている整形外科を紹介してもらえる

・交通事故で関節を痛める具体的な原因

・肩、肘、手首の関節・・ハンドルをきる動作

・肩、股関節・・シートベルトに引っ張られて

・ひざ関節・・ダッシュボードに強く当たって

・足首の関節・・急ブレーキを踏む

などが原因になる

・交通事故による関節のケガの種類は

捻挫がほとんどで

骨打撲、軟骨損傷、骨折、剥離骨折になることもある

・交通事故での関節の痛みの治療体験談