TEL LINE

交通事故施術マンガその⑧ | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

交通事故施術の仕組みをマンガでわかりやすく!その⑧

交通事故施術マンガその⑨へ ⇒⇒

交通事故加害者の施術

交通事故の被害者の場合、交通事故施術費は
加害者が加入している自賠責保険や任意保険から支払われますから、
施術費のことでそれほど悩むことはないかもしれません。

しかし自分が事故を起こしてしまった加害者の場合、
例え怪我をしていても「全額自己負担になるのでは・・・」と
考えてできる限り我慢しようとしてしまう人もいるようです。

 

しかし大切な体のことですから、
施術費のことを考えて必要な処置を受けずに放置する
というのはお勧めできません。

それにそもそも、実は事故の加害者であっても
窓口負担なしで施術を受けられる場合が殆どなのです。

 

一般に事故の「加害者」とは「過失割合の大きい人」、
「被害者」とは「過失割合が小さい人」と考えられていますが、
自賠責保険における「加害者・被害者」の考え方はこれとは異なっています。

 

と言うのも自賠責保険とは
「交通事故で怪我をした人を救済する」と言う目的で
加入義務が定められている保険であり、
つまり怪我をしていればその人は救済対象者=被害者となるのです。

 

例えば極端な話、
事故における自分の過失割合が9、相手側が1であっても、
怪我をしているのは自分で相手が全くの無傷であれば、
自分が「被害者」で、相手が「加害者」になるわけです。
そしてこの場合、相手側の自賠責保険が適用されて
施術費の支払いを受けることができるようになっています。

 

ただし自分の過失割合が7割以上になると
補償金額は減額されますし、
10割、つまり100%自分に過失があった場合には
自賠責保険は適用されません。

 

また自損事故の場合も自分の自賠責保険を利用することはできず、
あくまで相手がいる事故の場合に、
相手側の自賠責保険が施術に適用されると覚えておきましょう。

 

最初に述べた通り、加害者だからと言って
施術費を気にして適切な処置を受けずに放置するのは良くありません。

伊勢崎市周辺で交通事故施術を必要とされている方は、
当院「接骨院がく」にご来院ください。

施術費は勿論のこと、
通常なら高額自己負担となるような先端施術機器による施術も
無料でご提供させていただいております。