TEL LINE

交通事故施術マンガその➁ | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

交通事故施術の仕組みをマンガでわかりやすく!その➁

交通事故の施術どこですればいい?

交通事故施術マンガその③へ ⇒⇒
交通事故に遭うと気が動転して
何をすべきか分からなくなってしまうことがありますが、
事故後以下のような対応をとってください。 

まず一番最初に行うべきは、「負傷者の救護と安全確保」です。

交通事故で負傷者が出た場合にこれを救護することは
道路交通法で定められている義務ですので、
これを怠ると刑罰の対象となります。

またその際には二重事故が起こらないよう
周囲に事故が起こっていることを発煙筒や三角表示板を使って知らせ、
動かせるようであれば車両を安全な場所へ動かしてください。

 

次に、「警察への連絡」です。

警察への連絡は基本的には加害者が行いますが、
どちらが加害者か分からないこともありますし
加害者が逃げる可能性もあるため自分で連絡すると良いでしょう。

事故の手続きに必要な「事故証明」を
作成できるのは警察ですから、警察への連絡も必須です。

例え相手が嫌がろうと構わず連絡してください。

 

そして、警察の到着を待つ間、「相手の身元確認」を行います。

具体的には住所・氏名・連絡先、
勤務先とその電話番号も確認しておきます。

これらは免許証を見せてもらったり
名刺をもらったりしてきちんと確認しましょう。

車両ナンバーや相手の加入している任意保険会社も確認します。
写メで記録しておくのも良いですね。

 

更に余裕があれば、
「事故現場の記録をとる」ことも後々役に立ちます。

タイヤ痕など警察が到着する前に
消えてしまう可能性のある証拠もあるからです。

早急に行うべきことがひとまず済んだなら、
自分が加入している保険会社に連絡を入れます。

 

と言ってもその場で示談に入るわけではありません。

それらは病院で診断書などを作成してもらってからの方が良いのですが、
それでも予め交通事故に遭ったことを保険会社に伝えておけば、
保険会社側でも前もって示談のための準備に取り掛かることができます。

 

事故の対応後、何ともないように思えても、
事故の際に少しでも衝撃を感じたなら必ず病院へ行ってください。

必要であれば、接骨院など他の機関も併用しましょう。

当院群馬県伊勢崎市交通事故施術センター「接骨院がく伊勢崎」では
伊勢崎市周辺の交通事故施術を専門的に行っております。

何でもお気軽にご相談ください。