TEL LINE

自転車の事故について | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

自転車の事故について

自転車の事故について

交通事故は、何も自動車同士の接触事故だけとは限りません。
近年注目されてきているのが、自転車による事故です。

自転車は道路交通法によって「軽車両」に分類され、

軽車両を運転する際には道路交通法に従わなければならず、

違反や事故を起こせば賠償義務が生じますし、

逆に相手によって損害を与えられれば賠償請求権が発生します。

 

しかし自転車には自動車やバイクのように

免許が必要なわけでもなければ

自賠責保険の加入義務もないため、

事故を起こした際に自動車やバイクの場合と

同じように扱うこともできないという

難しい面を持ち合わせています。

 

自転車が自動車同士の接触事故より

ややこしくなってしまうのは、

相手によって力関係が変わり

それによって過失割合も大きく振れてしまう

ということです。

例えば自転車と自動車であれば、

当然自動車の方がスピードが出ますし安定性もあり、

自転車とぶつかった場合

身体的ダメージが大きいのは明らかに自転車の方です。

ですからこの場合、力関係からしてどうしても

自動車側の過失割合が大きく計算されることになります。

 

一方自転車と歩行者であった場合、

歩行者の方が弱い立場になると考えられるため、

過失割合は自転車側に大きく課されることになるでしょう。

勿論自転車同士であれば力関係は同じになります。

しかし例え自動車との接触事故であっても、

自転車側に違法行為があれば、それが過失割合として計算され、

受け取れる賠償金額はその割合分だけ差し引かれたものになります。

 

例えば信号無視や交差点安全進行義務違反、

指定場所一時不停止、通行禁止違反、

酒酔い運転などがそれにあたります。

これらの過失の有無を基に過失割合が

決められることになりますが、

自転車事故の場合には保険会社の介入がなければ、

基本的に当事者同士の話し合いで決めていくことになります。

 

例え自転車事故であっても、

その衝撃で体に何らかの異常があれば、

すぐに医療機関へ行きましょう。

 

伊勢崎市交通事故センター「接骨院がく伊勢崎」では、

そのような自転車事故を含め交通事故施術を専門に扱っております。

 

お困りでしたら最初に接骨院がく 伊勢崎

お問い合わせください。