TEL LINE

頸椎捻挫による頭痛 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

頸椎捻挫による頭痛

頸椎捻挫で頭痛が生じるメカニズム

頸椎捻挫は交通事故などにより頸部に強い衝撃がかかることで、
首周辺の組織が損傷して様々な症状を引き起こしてしまうものです。

頚椎は第一から第七まであってそれぞれの部位により
支配している神経の領域に違いがあり、
頚椎捻挫で損傷しやすいのが第二頚椎です。

 

この第二頚椎は後頭部の感覚を支配していて、
神経根が圧迫などをされるとそれが刺激となって、
脳の神経の三叉神経を通して痛みとして出現します。

また首には脳に血液を送る血管が数多く流れていて、
筋肉や椎間板などやわらかい組織が損傷したことにより
血流が悪くなることがあります。

 

その結果、ズキズキとした痛みが頭部に伝わって
頭痛を引き起こす要因になってしまうことも考えられるのです。

ただし、あくまでも考えられるメカニズムのひとつであって、
頚椎捻挫による頭痛のすべてに該当するものではありません。

 

頸椎捻挫と頭痛の関係は?

頭痛は頚椎捻挫の典型的な症状のひとつなのですが、
その一方で症状が事故から数日経過してから
現れることが少なくないため見逃されやすい症状でもあるのです。

 

交通事故直後に頭痛が現れると、
原因は事故によるものと断定できますが、
日頃から頻繁に頭痛が起こっている人は特定することが難しくなります。

また風邪など何らかの病気があると、
頚椎捻挫と頭痛の関係性を見逃してしまうこともあって、
結果放置してしまい後遺症に悩まされてしまうのです。

 

頚椎捻挫による頭痛といっても様々な症状やパターンがあるので、
一概には判断しにくいですが参考となる症状を知っておくと役立ちます。

 

こめかみや眉間周辺が痛い、首の後ろ付近や後頭部が痛いなどは、
頚椎捻挫との関係が考えられる頭痛の症状です。

また、頭が重く感じる・疲労が溜まった時に痛む
・気候の変化で頭に違和感があるなども、
関係性が疑われる症状に該当します。

 

頚椎捻挫による頭痛は、日常生活に支障を与えてしまうので、
少しでも異変を感じたら医療機関を受診すると共に、
伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく)での施術も考えると良いです。