TEL LINE

事故施術はどれくらい通院? | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

交通事故施術はどれくらい長く通院すればいい?

通院期間と症状固定について

交通事故の施術は、痛みや違和感などの症状がみられなくなったところで
施術を終了する流れとなっています。

ところが、それなりに長い期間にわたり施術を受け続けているのに、
症状に改善がみられないというケースもあるようです。

そんな状況になってしまったら、
今後どれくらい長く通院すればいいのかと不安になりますよね。

そこで今回は、交通事故施術の通院期間と症状固定についてお伝えします。

 

交通事故における症状固定とはどういうもの?

交通事故の症状は、すべてのケースにおいてすんなりと
施術を終了できるわけではありません。

施術によって痛みや違和感がすっかりみられなくなるケースもあれば、
ある程度の症状があるものの
施術によって改善が見込まれないケースもあります。

 

後者のように、症状が残っていながら
これまで以上の施術効果を期待できない状態は、
「症状固定」と呼ばれます。

 

症状固定かどうかを判断する時期については、
はっきりとした決まりがありません。

また、症状固定は傷病によって考え方が異なることもあります。

たとえば、骨折であれば骨がくっついた時点で
症状固定とみなされることがある一方、
むち打ち症では痛みや違和感が続いている状態であっても
症状固定とみなされることがあります。

 

症状固定になると施術費が自己負担に変わる

それでは、症状固定になると何が変わるのかと言えば、
その後の施術費が自己負担に変わります。

通常の施術期間内であれば、
交通事故の施術費は保険会社が負担するため、
お客様が支払うことはありません。

しかし、これ以上施術を続けても症状の改善が見込まれない
と判断されてしまうと、保険会社から施術費の支払いを
打ち切りにされることがあるのです。

 

症状固定になっても施術を受けるのは可能

症状固定になると、
施術費の支払いを打ち切りにされてしまうことがありますが、
施術の継続自体は可能です。

つまり、お客様が施術を希望するのであれば、
施術費は自己負担となりますが施術自体は打ち切らなくてもいいのです。

 

保険会社から打ち切りを言い渡されてしまったとしても、
ご自身が通い続けたいと希望するのであれば、
身体の調子が落ち着くまで施術を継続するという選択肢もあり得ます。

 

交通事故施術の通院期間はだいたいどれくらい?

交通事故施術の通院期間は、症状によって異なるため、
はっきりとしたことは言えません。

とはいえ、多くの方が半年から1年程度で症状固定としているようです。

あくまで目安に過ぎませんが、これくらいの期間を過ぎると
症状固定の判断をする必要が出てくるというのも、
ひとつの考えとなります。

 

症状固定を過ぎても同じ接骨院へ通院し続けたからといって、
症状が劇的に改善するのかと言えば、難しいところです。

 

群馬県伊勢崎市交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)では、
交通事故による痛みや違和感がみられるお客様へ、
交通事故専門の施術を行っております。

 

別の施設でなかなか症状の改善がみられなかったお客様からの
転院のご相談も承りますので、
お困りの際にはどうぞお気軽にお問い合わせください。

 

交通事故施術の通院頻度の目安は?

たまに耳にすることのある
「交通事故施術による対人賠償は
通院回数が多ければ多いほど増額される」という噂は間違いで、
単純に通院回数と賠償金が比例することはありません。

 

とは言え1ヶ月あたりの通院回数があまりにも少なすぎると、
賠償金額が減額されてしまう可能性はあります。

一般的に考えて、月に1回しか通院していない人と
20回通院している人とで同じ賠償金額になるのはおかしいからです。

保険会社からすれば、「月に1回しか通院していないなんて、
結局その程度の怪我なんでしょ」と判断できるため、
「だったらそれなりの金額で良いよね」と
賠償金を引き下げられてしまうわけです。

 

実際には「通院したくても仕事が忙しくてできない」という理由で
痛みに堪え診察をあきらめて仕事に出かけている人も多いのですが、
保険会社はそのような理由を考慮してくれないのです。

 

しかしこれは、
第三者からも症状を見ることのできる他覚症状のある怪我や、
通院回数が治癒のスピードに比例している怪我の場合です。

 

例えばむち打ちのように他覚症状が見られず
自覚症状のみの自己申告となる怪我の場合、
本当に痛みの原因が事故によるものなのかどうか、
あるいは本当にその通院頻度が正当なものなのかどうかを
証明することは難しいため、
単純に通院期間や通院頻度で賠償金額を査定することができません。

 

また骨折などの場合、完治までの期間は長くても
通院頻度はそれほど必要としないため、
通院頻度で金額を査定されてしまうと実際の損害より
かなり少ない金額しか受け取れないことになってしまいます。

 

こういったことから、
むち打ちのような自覚症状のみの事故施術の場合なら
「実施術日数×3÷30日」、

骨折のような怪我の場合なら
「実施術日数×3.5÷30日」を「通院月数」として

計算するようになっています。

 

賠償金額も大切ですが、
何より大切な体が早く回復しいつも通りの生活が
送れるようになることはもっと大切です。

伊勢崎市交通事故施術センター(接骨院がく伊勢崎)は
伊勢崎市・本庄・玉村周辺で交通事故施術にお悩みの方から
高い評価を頂いている交通事故専門医療機関です。

今の病院ではイマイチ治りが良くない・・・とお感じでしたら、
是非一度ご相談ください。