TEL LINE

一般的なむちうちの症状 | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

一般的なむちうちの症状

むち打ち症の症状とその特徴

むちうちは交通事故などの衝撃により
首やその周辺の筋肉・靭帯・神経などを損傷することで、
様々な症状を引き起こすものです。

一般的にみられる症状としては、首の後ろ・前部・側面をはじめとして
頭部・頚椎・腕などの痛み、首・肩・背中などの張りと重苦しさがあります。

また、首が回らない、首を動かすと痛いなどの症状、
めまい・目のかすみや疲労感・吐き気・握力低下
・足や指先のまひ・その他だるさや痺れなども発生する症状です。

 

ただ事故直後にこれらの症状や不調を感じないことも多いもので、
むちうちは数日から数週間経過してから
症状などが起こるという特徴があります。

その為、症状や不調が気になってから病院へ行き診断を受けても、
発生している症状と交通事故との
因果関係に疑問がもたれる可能性があるのです。

そのようなことを招いてしまわないためにも、
事故に遭遇した場合には自覚症状の有無に関係なく、
必ず直後に接骨院を受診して診断を受けるよう心がけることです。

 

むちうちの種類と症状

むちうちとは正式な傷病名ではなくて一般的に用いられる俗称で、
正式には頚椎捻挫・バレリュー症候群などの
診断名を受けることになります。

 

頚椎捻挫はむちうちの症状の約70~80%に該当するもので、
頚椎周辺の筋肉・靭帯・軟部組織を損傷することにより、
痛み・筋肉の張り・運動制限などの症状が見られます。

バレリュー症候群は事故の衝撃で神経を傷つけた際に発症するもので、
頭痛・めまい・吐き気・目のかすみ・動悸などが見られるのです。

 

神経根症状は脊髄から出る神経根が引き伸ばされたり、
圧迫されたりすることで、首の痛み・腕の痛みや痺れ
・倦怠感・顔面の痛みなどの症状が起こります。

 

その他には、脊髄損傷や脳髄液減少症なども
むちうちの種類としてあるので、まずは接骨院を受診して
的確な診断を受けることが大切になります。

 

ちなみに頚椎捻挫と診断された場合は、
病院よりも捻挫や打撲の施術を得意とする
伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく)で
施術する方がおすすめです。