TEL LINE

むちうちでしびれがでることも | 伊勢崎市.太田市.玉村町.本庄市の交通事故施術なら伊勢崎交通事故施術センターへ

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

むちうちでしびれがでることも

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術について

むちうちでしびれがでることも

■痛み以外のむち打ち症状

むち打ちの症状と聞くと首の痛みが出る
というイメージがありますが、
実は症状はそれだけではありません。

首には重要な神経が通っていますので、
それがダメージを受けることで痛み
以外の症状も出てきてしまうのです。

たとえば吐き気やめまい、
手足のしびれや麻痺といった症状も
むち打ちの症状のひとつなのです。

 

首の痛みがそれほど強くはなかったとしても、
しびれや麻痺といった症状が出てくることもあります。

しかしそれらの症状がむち打ちとは関係ないと
勝手に判断してしまい、適切な施術を受けないでおくと、
改善が遅くなるだけではなく、
症状を悪化させることも・・・
最悪の場合は後遺症が残ってしまうかもしれません。

 

しびれが出てしまうのは首に神経が集中しているからです。
それが衝撃によってダメージを受けることむち打ちになり、
しびれや麻痺がおこります。

 

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく)でも
むち打ち施術を行っていますが、
来院されるお客さんの中には首の痛み以外にも
しびれや麻痺などの症状を抱えている方も少なくありません。

しかし適切な施術を受けることで
麻痺やしびれの症状が改善されるケースも多いです。

 

■むち打ちの症状

むち打ちの主な原因は交通事故です。
首に瞬時に大きな衝撃が加わることで
むち打ち症状が起こりやすくなるのですが、
交通事故以外の原因でも起こり得ます。

 

しかもむち打ちの症状はすぐに出てくるのではなく、
翌日以降に出てくる事が多いため注意が必要です。

症状が軽い方の場合、むち打ちになってしまっていることに
気が付くのが遅れることがあります。

たとえば安静にしているとき
痛みやしびれといった諸症状が見られなくても、
起きて動くと痛みや倦怠感が出ることがあります。

 

それらを単なる不調と自己判断してしまうのは大変危険です。
首の痛みや麻痺、しびれといった症状が見られたら
早めに接骨院を受診して診断してもらいましょう。

 

伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく)では
むち打ち症状の改善施術にも力を入れています。

また交通事故に力を入れている整形外科を
ご紹介することもできるので、是非ご相談ください。

むち打ちのマッサージの仕方

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術について

むち打ちのマッサージの仕方

むち打ちのマッサージの仕方

今回はむち打ちのマッサージの仕方についてお話しします。

 

他の医療機関で施術を受けても

なかなか症状に改善がみられない場合は、

なるべく早い段階で群馬県伊勢崎市交通事故施術センター

(接骨院がく伊勢崎)にお越しください。

 

むち打ちは接骨院できちんと診てもらうことが大切です。

それに加えて自宅でできることも行えば、更に治りが早くなります。

 

病院や整形外科などでは

まず事故直後の急性期の場合は「安静第一」ですので

基本的にマッサージなどを急性期に行うことは少ないです。

 

理由として、むち打ちになった直後は

ムリな動きで患部が傷んでいる状態なので、

少しの動きでも症状を悪化させたり治りを

遅くしてしまうというリスクを避けるためです。

その為、まずは患部の炎症が引いて落ち着くまで

動かさずに安静にしておくことが大切という考えなのです。

 

一方、接骨院ではそんな急性期にでも

安静にしっかりと対応することができます。

 

接骨院がくではむち打ちに対しても

知識が豊富なスタッフが多数いますので

急性期から負担のかからない

無理のない優しい手技、痛みを早く抑える特殊電器

自宅でできるケアの仕方、ストレッチなど

急性期からでもしっかり対応させていただいております。

 

「もっと早く来ていればよかった」などの

お声をたくさん頂いております。

 

この中でも自宅でできるケアの仕方を少し説明します。

急性期のむち打ちは炎症を起こしているため

この時期は温めるのではなく冷やすのが基本です。

 

冷やすことで炎症を和らげることができますし、

同時に血行を抑えて患部の

痛みを軽減させる効果があります。

 

アイスバックなどを利用して患部を冷やしますが、

この時冷やし過ぎないようにも注意してください。

大体10分程度を目安にしましょう。

また急性期はお風呂で患部を温めてしまわないよう

シャワーで済ますことをお勧めします。

 

急性期を過ぎ、症状が落ち着いてきたなら

今度は凝り固まった筋肉をほぐし

血行を良くするケアを行います。

つまり、温めたりストレッチをしたりといったことは、

この時期に入ってから行うことが多いです。

温めるにはお風呂にゆっくり浸かるのも良いですが、

小まめに温めたいなら蒸しタオルを用意して首に当てると良いでしょう。

 

炎症も治まり痛みも落ち着いてきますから、

急性期には痛くて動かせなかった筋肉の柔軟性を

取り戻すために首や肩のストレッチや

ウォーキングなどを取り入れると良いでしょう。

 

ただし、これらは接骨院で相談しながら

行うようにしてください。

マッサージに関しても、この時期になると

より効果を発揮しますが、自己流ではなく

専門家の手によるマッサージの方が効果的で安全です。

 

 

 

むち打ちに遭われてしまった方はまず最初

伊勢崎市交通事故センター「接骨院がく伊勢崎」に

お越しください。

 

むち打ち施術の一環として手技や

マッサージを行っており、早期緩和が可能です。

 

もし紹介が必要な場合はむち打ちを得意とする

専門医をご紹介することも可能ですので

安心してお越しください。

 

交通事故での鍼施術について

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術について

交通事故での鍼施術について

交通事故に遭ってまず最初に鍼施術を受ける
と言う人はまずいないと思いますが、
交通事故施術を行っているうちに「鍼施術も受けたい」と
考えるようになることはあるでしょう。

 

現在では鍼施術も日本だけでなく欧米など世界的に注目を集め始め、
2002年には世界保健機関もその有効性を認めています。

世界保健機関が認める鍼施術が有効な疾患は
様々な分野にわたるのですが、
特に関節炎や肩凝り、腰痛、むち打ち、捻挫など運動器への症状は
交通事故による疾患の大部分を成しているため、
確かに鍼施術による効果は高いと期待できます。

 

また神経痛や自律神経失調症などの
神経系にも効果があると認められており、
むち打ちの中にはこれら神経系に影響を与えて
症状を引き起こしている種類のものもありますから、
この分野でも鍼施術に期待できます。

 

特に鍼施術は鎮痛効果の高さで注目されています。

針の刺激によって分泌されるホルモンは
痛みを脳に伝える神経経路を一時的にブロックして
痛みを抑制してくれます。

 

また交通事故による頭痛や腰痛の中には
筋肉の凝りによる血行不良が関係していることも多いのですが、
針を刺入することで血液の流れが良くなるため
凝りや痛みも改善されます。

 

交通事故やその施術による精神的なストレスも
症状を悪化させていることがありますが、針によって
リラックス効果のあるセロトニンという物質も分泌されますから、
これによりストレスも緩和され
自律神経のバランスを整えることができます。

 

このように交通事故施術、特にその痛みの緩和に
大きな効果を発揮してくれる鍼施術なのですが、
もしも鍼施術の施術費も保険会社に負担してもらいたい
と思うのであれば、鍼灸院選びには注意しなければなりません。

 

ちゃんとした国家資格を持つ「柔道整復師」
のいる「接骨院」での施術でなければ
保険会社が支払いを認めない場合があります。

 

柔道整復師の施術であれば「医療行為の1つ」と
認められていますから、鍼施術を考えているなら
鍼施術も扱っている「接骨院」に行くことをお勧めします。

当院「接骨院がく」も、伊勢崎市周辺で
交通事故施術を必要とされている皆様から
高い支持を頂いております。

むち打ちを抱えている方に多い症状「バレリュー症候群

2018.10.23 | Category: 交通事故・むち打ち施術について

むち打ちを抱えている方に多い症状「バレリュー症候群」

むち打ちの種類 バレリュー症候群

 

今回はむち打ちの種類 バレリュー症候群についてお話しします。

交通事故施術は群馬県伊勢崎市交通事故施術センター

(接骨院がく伊勢崎)までお越しください。

 

 

むち打ちにはその損傷個所によって違った症状を見せるため、

数種類に種類分けされています。

中でも未だ発生原因に不明な部分が残っているため

医学的な立証が困難とされているのが「バレリュー症候群」です。

 

しかしそうは言っても

交通事故でバレリュー症候群に悩まされている人は

少なくありませんし、放っておけば自然に治る

というものではないため、専門家による施術が必要です。

 

当「接骨院がく」はバレリュー症候群も含めた

交通事故施術に特化した医療機関ですので、

群馬の本庄や玉村周辺で施術をお考えの方は、是非ご相談ください。

 

バレリュー症候群は、別のむち打ちの種類として挙げられる

「神経根症型」に近いもので、

首に突然かかった大きな負荷により頸椎がずれて

中を通っている神経を圧迫したり

引き延ばしたりすることが原因なのですが、

特にその神経が頸椎に沿って走っている

後部交感神経であった場合に「バレリュー症候群」と判断されます。

 

交感神経はホルモン分泌や血液循環など

生命活動に欠かせない働きを管理・指令する神経である自律神経の1つで、

主に興奮や活性など活動状態にある場合に必要な

体の機能を管理しています。

 

交感神経と対をなす副交感神経は

リラックスや鎮静を司り、正常な状態では

この2つの自律神経が必要に応じて

バランスよく働くのですが、むち打ちによって

交感神経に異常をきたすと、このバランスが崩れるため、

様々な症状を見せることになります。

 

「自律神経のバランスが崩れる」と聞くと

「自律神経失調症」を思い浮かべるかもしれませんが、

バレリュー症候群もまさにそれで、

吐き気や眩暈、耳鳴り、倦怠感、息苦しさ、頭痛といった症状が起こります。

 

事故で直接ダメージを受けた部分とは

関係のないように思える部分に症状が出ますし、

本人が訴える自覚症状が主体であり

心因的なものも関係していると考えられがちでもあるため、

こういった観点からも診断や立証が難しいとされています。

 

バレリュー症候群の施術法は頸椎捻挫型とほぼ同じですが、

加えて局所麻酔によって交感神経の働きを軽減させる

「星状神経ブロック」という方法もあります。

 

むちうちには冷シップ?温シップ?

2018.10.23 | Category: 交通事故の相談

むちうちには冷シップ?温シップ?

温湿布と冷湿布の違い・使い分けは?

捻挫や打撲などの施術に使用することが多いシップですが、
現在では冷シップと温シップの2種類に大きく分けられていて、
基本的に痛みを緩和する点では同じです。

 

冷シップは患部を冷ますことで炎症や痛みを緩和したり
急性的な痛みに対応したりしますし、

温シップは患部を暖かくして血流を良くすることで
慢性的な痛みを和らげる効果を発揮します。

 

双方の使い分けは様々な考えがあるので一概には言えませんが、
基本的には痛みの状況(急性期と慢性期)によって
使い分ける必要があります。

 

負傷すると約1週間から1ヶ月程度は患部が熱をもったり、
腫れたりするといった症状がみられることが多くて、
こうした急性期の症状に対しては冷シップが適していると考えられます。

患部を冷やすることで神経が炎症による熱で損傷することを防ぐので、
炎症が治まり痛みが和らいでいくまでの間はしっかりと冷却すべきです。

 

負傷して約1ヶ月~3ヶ月程度経過すると炎症や痛みも引いた状態の慢性期に入り、
この時期からは患部を温めて血流を良くすることで
筋肉や靭帯などの損傷を治癒させる必要があります。

 

ただし、あくまでも一般的に言われている使い分けなので、
安易に自己判断することなく医療機関を受診して
適切な指示を受けることが大切です。

 

むちうちの場合はどっち?

むちうちは、交通事故などによる強い衝撃で、
首の筋肉・関節・靭帯などに発生する捻挫のようなものなので、
施術のひとつとしてシップにより冷温処置をするのもひとつです。

 

しかし、先にも触れましたが冷シップと温シップでは、
タイプが異なりますし使い分けも必要になるので、
きちんと治すためにはそれらを知って施術することが重要になります。

 

ただ、むちうちは受傷直後より少し時間が経過してから、
痛みなどの自覚症状が起こることが多く、
時期的に冷やせば良いのか
温めれば良いのかの判断は素人では難しいです。

 

その為、適切な処置をするためには、
病院や伊勢崎交通事故施術センター(接骨院がく)などの施術院で、
専門家による診断を仰ぐ必要があります。

 

またシップは実際冷却効果があるかと言われると、
そこまでの冷却効果はないので炎症が強いときや
ケガをして腫れがあるときなどは
保冷剤か氷のうで冷やすことをおすすめします。